2017年03月15日

[韓国語]長母音?短母音??

 ハングルは韓国語のみならず世界のあらゆる言語はもちろん,あらゆる自然の音も表記可能――というのは誤りだということは,日本語の‘つ’のハングル表記ひとつとっても自明なことです.しかし,韓国語の表記だけを考えれば,ハングルほどよくできた文字はありません.韓国語の発音を書き留めるために考案された文字なので当然だといえばそれまでですが,そんな単純なことではなく,長年にわたり多くの国語学者が表記法を整える努力を重ねてきた結果であることは,ハングルで綴られた古い記録物などからも窺えます.

 しかし,日本語に比べて発音の種類が多くて複雑な韓国語を綴るのには,ハングルでも限界があるようです.そのひとつが사이시옷で,韓国ではなるべくㅅパッチムを添えて表記に反映させるようにしています.そのため表記が複雑になり,書くときにㅅパッチムが必要か,韓国語母語話者でも迷うことがあるようです.北朝鮮はこの点諦めがよく,사이시옷を一切表記しないことにしています.

 もうひとつの問題は,ハングルでは母音の長短を表記できない点です.辞書をひくと,雪の意味の눈は発音が[눈ː]と記されていて,目の意味の눈とは違って“ヌーン”のようにㅜを延ばして発音するのが正しいことがわかります.昔はこのように母音の長短による意味の違いが意識されていたようですが,そこまで意識しているのは今ではアナウンサーのようなことばのプロだけで,長短による意味の違いは事実上なくなってしまいました.

 この母音の長短が名字にもあるということに触れたコラムが,한국일보のサイトに12日付で掲載されていました.それによると,李は“イー”のように長母音で発音するのが正しく,伊や異は単に“イ”と発音するそうです.

●[우리말 톺아보기] 성씨(姓氏)의 장단음(한국일보)2017.03.12
http://www.hankookilbo.com/v/9ae07ca73e054e0896c078466c4b4f0c

 他にも長短の区別があるものとして,정씨は鄭なら長母音,丁なら長母音でなく,조씨は趙が長母音,゙はそうではなく,임씨は任なら長母音,林なら長母音でないそうです.その他に長母音で発音する名字の例として,宋(송),沈(심),蔡(채),孔(공),卞(변),愼(신),馬(마),孟(맹)が挙げられています.

 辞書をひくと,名字についても母音の長短の区別がきちんと意識されているようで,長母音には‘ː’の記号がつけられていました.韓国人の友人・知人の名字を辞書で調べてみると面白いかもしれません.
posted by kajiritate webmaster at 23:57| Comment(0) | 日記

2017年02月28日

[韓国語]国立ハングル博物館 企画展示‘훈민정음과 한글디자인’開催!

 ‘훈민정음과 한글 디자인’という企画展が,韓国・ソウルの国立ハングル博物館できょう28日から始まったそうです.세계일보の次の記事が伝えています.

●국립한글박물관, ‘훈민정음과 한글 디자인’ 28일 개관(세계일보)2017-02-27
http://www.segye.com/content/html/2017/02/27/20170227002951.html

 この記事によりますと,東京の韓国文化院で以前開催された 「訓民正音とハングルデザイン」という特別企画展の展示物をそのまま展示しているそうです.東京では昨年10月に“『訓民正音』刊行570周年”と銘打って開催されていて,そのときのお知らせが文化院の掲示板に掲載されています,韓国では今回“세종탄신 620주년 기념특별전”として開催されています

●『訓民正音』刊行570周年記念特別企画展 「訓民正音とハングルデザイン」(韓国文化院)
http://www.koreanculture.jp/info_news_view.php?number=5096

 ネット上で少しは展示物を確認できないかと,早速ハングル博物館のサイトにアクセスしてみると,この展示を紹介する動画がトップページで公開されていました.動画はユーチューブで公開されていましたので,以下にリンクしておきます.


●[전시] 훈민정음과 한글디자인(국립한글박물관)2017/02/16

 動画からも分かるように,ハングルの字体をデザインに生かした展示物が多く展示されているようです.博物館のサイトの開催中の展示を伝えるページでは,この展示の詳細が7点の展示物の画像と共に確認できます.

●[현재 전시] 세종탄신 620주년 기념특별전 '훈민정음과 한글디자인'(국립한글박물관)
http://www.hangeul.go.kr/specialExh/specialExhView.do?curr_menu_cd=0103020100&pageIndex=1&target=1&no=49

 ちょっと話がそれますが,博物館のユーチューブチャンネルでは,野間秀樹先生がハングルの構造について語る5分半の動画も公開されていました.先生は動画のタイトルと同名の著書がありますが,韓国語版も出版されて韓国でも好評だったようです.最後にその動画をご紹介しておきます.


●'노마 히데키'가 소개하는 『한글의 탄생』(국립한글박물관)2016/10/20

〜 〜 〜


 昨年から書き始めたこのブログ,特に意味も無く始めましたが,とりあえず1年は毎日何か書こうと途中から決めて書き続けてきました.始めたのが去年の2月でしたので,すでに丸1年経ったことになります,きょうまではとにかく毎日書いてきましたが,これからは不定期で更新していこうと思います.

 このブログにとって,一旦きょうが節目の日になりますので,これまで読んでくださった方々にお礼を申し上げたいと思います.本当にありがとうございました.今後どの程度のペースで更新するか自分でも分かりませんが,これからもよろしくお願い致します.
posted by kajiritate webmaster at 22:57| Comment(0) | 日記

2017年02月27日

[韓国]월력요항(暦要項)

 年が明けたのがつい先日のことのようにも思えますが,気がつけばもう2月が終わろうとしています.とはいえ,2017年がまだ10ヶ月も残っている現時点で来年の話をするのは,日本ではこれこそ“鬼も笑う”ことだと思いますが,聯合ニュースにはきょう27日付で次のような記事が公開されていました.

●내년 공휴일 수 69일…올해보다 하루 더 쉰다() 2017/02/27
http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2017/02/27/0200000000AKR20170227052100063.HTML

 ごく一部の祝日しか振替休日が適用されない韓国では,祝日が日曜日と重なると休みは1日だけになってしまいますが,2018年はそのような残念な祝日が1日も無い上に振替休日が2日あるため,祝日と日曜日を合わせた공휴일(公休日)の数が1990年以降で最多になるとのことです.

 公休日の日数の根拠にしている「월력 요항」というのがどんな資料なのかきになって,천문연구원(天文研究院)のサイトにアクセスしてみました.次のサイトで各年のデータが確認できると共に,今年と来年のデータはHWP形式のファイルでも公開されています.

●월력요항(한국천문연구원)
http://astro.kasi.re.kr/life/AlmanacForm.aspx?MenuID=110

 HWPファイルはいずれも3ページで,最初のページが祝日と日曜日の一覧,その次のページが二十四節季と雑節の日付と,陰暦の毎月1日が陽暦の何月何日に当たるかの対照表が掲載されています.最後のページには,陽暦と陰暦の毎月1日の干支が載っています.

 これを見てまず初めに気づいたのは,ふつう성탄절と呼ばれているクリスマスの祝日としての正式名称は「기독탄신일」(基督誕辰日)というようです.韓国ではお釈迦様の誕生日も祝日で,こちらは「석가탄신일」(釈迦誕辰日)といいますので,仏教とキリスト教で休日の名称が綺麗に対を成していることが分かります.

 二十四節季と雑節の表の雑節には,「토왕용사」が4回も載っていて,これは何のことかと思いましたが,漢字では「土王用事」と書き,いわゆる“土用”のことのようです.日本では“土用の丑の日”という夏にうなぎを食べる日として知られていますので,年に4回もあるとは知りませんでした.二十四節季と同じく,土用も中国から伝わったもののようです.

 韓国でも”夏の暑い時期,暑気払いと栄養補給を兼ねてサムゲタンなどを食べる“土用の丑の日”に似た風習があります.韓国ではそれが夏に3回あり,삼복(三伏)と呼ばれていますが,雑節の欄には초복(初),중복(中伏),말복(末伏)の日付も載っています.

 この「월력 요항」という資料,日本の国立天文台のサイトでも同様の資料を公開しています.「暦要項」という資料で,そのまま韓国語に訳せば“달력 요항”となるでしょうが,달력のことを“월력”とも言うようです.次のページでデータを確認できる他,PDF形式のファイルも入手できます.

●暦要項(国立天文台暦計算室)
http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/yoko/

 日本と韓国は時差が無く位置も近いので,二十四節季や土用などは日付が同一なのはもちろん,時刻もほぼ同じのようです.한국천문연구원はサイトで公開しているだけで월력요항には掲載されていませんが,国立天文台の暦要項のPDFファイルには,最終ページに日食と月食のデータも掲載されています.昨日26日からきょう27日にかけての金環日食のことも載っていますが,ひと言“日本では見られない”とだけ記されています.
posted by kajiritate webmaster at 22:39| Comment(0) | 日記