2017年02月19日

[北朝鮮]先週のミサイル発射と金正男暗殺

 先週は北朝鮮関連で驚くべき出来事が2つ立て続けに起き,日本を含め世界中を驚かされました.言うまでもなく,ミサイルと暗殺のことで,特に金正男氏の暗殺については謎も多く,ミサイルについても私にはよくわからないのですが,これまでニュースなどで得た情報を簡単に整理しておこうと思います.

 2月16日は金正日の誕生日で,北朝鮮ではこの日を「光明星節」と呼んで金正日の亡くなった今でも毎年盛大に行事を行っているようです.北朝鮮はこれまでも,このような記念日に合わせるようにミサイルの発射実験を行うことがたびたびありましたので,12日に行われた「北極星2号」の発射実験それ自体には,大きな驚きは無かったと思います.

 しかし,「北極星2号」はこれまでのミサイルとは違い,いったん空中に浮くように発射されてから,改めて燃料に点火して飛んでいくようすは印象的でした.固形燃料を使用しており,発射台となる車両に乗せて自由に移動可能なので,発射台の位置が固定されていて,燃料注入に時間がかかる液体燃料のロケットよりも,発射の前兆を把握しづらいようです.

 北朝鮮は昨年2月7日に「光明星4号」の発射実験を行い,発射技術を確実に高めているようすを世界中に見せ付けました.その前の月には核実験も実施しており,北朝鮮の軍事開発を資金面から遮断するため,韓国は2月10にケソン工業団地を閉鎖するなど,その後も北朝鮮への資金流入を徹底的に防ぐ方策を採ってきました.

 にもかかわらず,今までとは異なる新しいタイプのミサイルを発射したということは,資金遮断があまりうまく行っていないことが窺えます.ミサイル開発の最終目標は,直接アメリカ本土を狙えるICBMにあるようですが,着実に現実味が増しているのは確実で,このままでは北朝鮮が世界平和を揺るがす今以上に厄介な存在になりかねず不安です.

 「北極星2号」発射翌日の13日には,金正男氏がマレーシアの空港で暗殺されるという衝撃的な事件が起こりました.金正日の息子で,その後継者となった金正恩とは異母兄弟にあたる金正男氏は,2001年に成田空港から日本へ入国しようとしたことが報じられ,それで知ったという方も多いと思います.一説には,この一件で金正日が後継者候補から外したとも言われています.

 すでに長文になりましたので,金正男氏暗殺については改めて書こうと思います.
posted by kajiritate webmaster at 23:29| Comment(0) | 日記

2017年02月18日

[韓国]小銭の無い社会

 2020年といえば,日本で真っ先に思い浮かぶのは「東京オリンピック」だと重います.準備は間に合うのか,費用は賄えるのか,といった内的な問題から,開催時のテロ対策など課題は山積みですが,成功すれば東京はもとより,もう10年も20年も元気のない日本社会全体のステップアップにつながればと思っています.

 一方,韓国で2020年の実現を目指しているもののひとつとして,小銭の流通量をゼロにする“동전 없는 사회”(小銭の無い社会)があるそうです.今夜のKBSの9時のニュースでこの話題が取り上げられていましたが,KBSニュースでは,これまでにもこの話題をたびたび伝えていたようです.ユーチューブのKBSニュースのチャンネルに,この話題を伝える1年前の動画が公開されていました.


●발행 비용이 큰 동전, 2020년까지 ‘동전 없는 사회’ 도입(KBS NEWS)2016/01/13

 小銭を発行しても戻ってくるのは10枚中2枚程度で,発行量を補うために毎年多額の費用がかかっているそうです.この費用の削減のため,普及が進むクレジットカードやモバイルの決済手段を利用して,現金での買い物時におつりをそれらの口座に入金することで,小銭を不要にしようということのようです.

 2015年の映像ですが,このような社会のロールモデルとして,北欧諸国などの事例を取材した動画も公開されていました.


●지갑 필요 없는 세상 ‘현실화’…한국은?(KBS NEWS)2015/05/03

 今夜の放送された動画も,すでに公開されていました.韓国銀行が推進しているこの事業,4月から試験的に始められるようですが,一部のコンビニなどではすでに導入済みのようです.動画には,小銭どころか紙幣も持っておらず,財布(というか,カードケース?)にはカードが1枚だけという会社員も.便利になる反面,現金のみを扱う露天商や,便乗値上げで消費者に悪影響を及ぼす懸念も伝えられています.


●[심층 리포트] “2020년 잔돈이 사라진다” 미리보는 ‘동전없는 사회’(KBS NEWS)2017/02/18
posted by kajiritate webmaster at 22:33| Comment(0) | 日記

2017年02月17日

[韓国語教育]韓国語を韓国語で教えて学ぶということ


 日本の語学講座などで韓国語を学ぶ場合,教えてくださる先生は日本語で授業を進めていくところがほとんどだと思います.しかし韓国に語学留学すると,韓国語を韓国語で学ぶことになります.受講者の母語はバラバラですので,受講者に合わせて教師がさまざまな言語を使い分けるのは現実的ではありませんので,この点は仕方がありません.

 韓国語を全く知らない初級受講者に対しても韓国語だけを使って授業が可能なのか矛盾を感じますが,そうする以外にないからという否定的な理由だけでなく,実際この方法でうまく行っています.もっとも,初級段階の受講者は言語圏別に分けてクラスを編成する教育機関があったり,延世大の語学堂のように,初級レベルのテキストを言語圏別に出版して,本文の訳や文法説明を母語で確認できるようにしているところもあります.

 韓国語は語尾の種類が豊富で,中にはほぼ同じ意味でその差が分かりにくいものも多く存在します.これらの違いをどう説明すれば,しかも韓国語で説明して受講者に理解してもらえるか,という点は韓国語教師の腕の見せ所で,恐らく先生方が日々苦心されている点のひとつだと思います.

 前回のこのブログでも取り上げた「韓国外国語大学校」のユーチューブチャンネルに,このようなややこしい語尾をいくつか取り上げて,具体的な説明方法を示した動画も公開されていました.今回はそちらをご紹介します.


●[사이버대학교]_20161119_주말특강_한국어교육의 실제

 もっとも,細かいニュアンスについては韓国語母語話者でも人によって感じ方が異なる点があり,それは韓国語に限らず,どの言語にでもあることだと思います.ネイティブの感覚がない学習者は,まずは先生の講義や,教材や辞書を利用して基本的な意味を把握して,その後は実践を積んで感覚を磨いていく以外になさそうです.

posted by kajiritate webmaster at 23:19| Comment(0) | 日記