2016年11月30日

[韓国語]日付の固有語

 きょうで11月もおしまいで,いよいよ今年もひと月を残すのみとなりました.月の最後の日のことを「みそか」といいますが,韓国語にもそれに当たる「그믐」(クムム),あるいはそれに“(〜の)日”という意味の“날”がついた「그믐날」(クムムナル)という固有語があります.ですが,私はこの単語にはあまり馴染みがありません.

 新年や日本のお盆にあたる「추석」(チュソク,秋夕)は今でも旧暦で祝う韓国でも日常生活は新暦ですし,日本でも「みそか」ということばが今ではあまり使われないのと同じなのかもしれません.ただ,‘믐’というハングルの見た目のインパクトがなぜか私には強く感じられて妙に印象に残り,必要性は低いのにいつまでも忘れられないことばのひとつです.

 日本語には「十五夜」ということばはありますが,夜だけではなく満月の日全体を指すことばは,私が知らないだけかもしれませんが,存在しないと思います.韓国語には「보름」(ボルム)あるいは「보름날」(ボルムナル)ということばがあります.しかし,“다이어트를 시적한 지 한 보름 정도 됐어요.”(ダイエットを始めてだいたい半月ほどになりました)のように,15日間という期間の意味で「보름」が使われることはあっても,15日という日付の意味で使われることはあまりないようです.また,「満月」のことを「보름달」(ボルムタル)といいます.

 逆に,1月,2月…という月の名前は,日本語には「睦月」「如月」…のように12ヵ月すべて別の言い方がありますが,韓国語には,私の知る限りではないようです.ただ,11月と12月の2つにだけは「동짓달」(トンジッタル)「섣달」(ソッタル)という固有語があります.しかし,こちらも日本と同じくそれほど使われないようです.日本語の「大晦日」に当たることばに,「섣달」と「그믐」が1語になった「섣달그믐」ということばがありますが,こちらも韓国ではあまり使われてはいないようです.
posted by kajiritate webmaster at 23:03| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。