2017年02月06日

[韓国語]あまり見かけなくなった外来語

 “손발이 오구라들다”,“생똥맞다”….韓国語の学習を長く続けていると,新造語はもちろん新造表現(?)とでもいうべきものも,その意味を頭では理解したつもりでも,今ひとつ実感の湧かないまま消えていく韓国語がありました.そういえばあんなことばもあったと.ふと思い出すものもあります.もう忘れてしまって思い出すこともないことばは,それ以上にたくさんあるはずですが,自分では意識できませんので何とも言えません….

 そんな新造表現には,英語由来のものと思われるものもあります.一時期,ニュースの記事で“뜨거운 감자”という表現をよく見かけました.直訳なら“アツアツのジャガイモ”…これでは何のことなのかサッパリわかりません.これは,誰もが自分の力で積極的に解決しようとはしない厄介な問題のことを例えた表現で,英語の“hot potato”を韓国で直訳して使っていたようです.

 また,こちらは表現ではなく,今でも使われることがあるようですが,やはり英語をそのまま取り入れた“님비”や“임비”というものも,あまり見かけなくなりました.“님비”は“Not In My Back Yard”の頭文字を取ってできた“NIMBY”が元のことばです.ごみ処理場など,自分の家のそばにあってほしくない施設のことをそう呼びます.

 “임비”は“님비”の逆の意味で,“Yes In My Back Yard”の略語の“YIMBY”が元になっています.“님비”に比べると“임비”は元々影が薄いようで,“뜨거운 감자”同様,私としては今ではほとんど見かける機会がありません.

 で,このあたりで最後にまとめる何かを書きたかったのですが,まとめに使えるいいネタが思い浮かびません….“뜨거운 감자”で検索すると,고범준と김Cの同名のユニットの曲“고백”のミュージックビデオがヒットしましたので,まとめ代わりにこちらをご紹介して終わろうと思います.


●뜨거운감자(Hot Potato) - 고백
posted by kajiritate webmaster at 23:04| Comment(0) | 日記