2017年01月15日

[韓国]新住所,定着はまだ道半ば

 韓国の住居表示は,2014年1月1日から全面的に「도로명주소」(道路名住所)に移行しました.以前は,例えば“△△市□□洞○−○番地”というふうに,日本と同じような感じで住所を表していましたが,今では洞の名前の代わりに建物の面する通りの名前を使って“△△市××路○−○”といった表記になっています.

 「도로명주소」は新しい(=새)住居表示なので,ふつうは単に「새주소」と呼ばれ,それに対して従来の「지번주소」(地番住所)は「구주소」(旧住所)と呼ばれているようです.本当は2012年には새주소に完全移行する予定でしたがなかなか浸透せず,混乱を避けるために2014年まで実施が延期されました.そのため,2009年から구주소から새주소への移行期間が続いていて,どちららも使用できたのですが,役所から公布される証明書や役所へ届け出る書類には,今では새주소のみが使われるようです.

 このように,政府や自治体レベルでは새주소に移行してすでに丸3年が経ち,今年で4年目を迎えたのですが,一般市民は今でも充分に浸透していないようです.次のニュース映像では,街の食堂の出前やバイク便,郵便配達などでまだ구주소が健在なようすを伝えています.


●도로명주소 4년차…“여전히 어색해요”(KBS NEWS)2017/01/12

 長年구주소による住所表記を使って慣れているので,구주소を聞けばだいたいどの辺りなのか想像がつく反面,새주소は聞いてもピンとこない,というのが本音のようです.例えば,“○○大路”という幹線道路がある市を貫いている場合,その道路に面したところは市域の端から端まで“○○大路”という住所になってしまいますので,おおよその位置が分かりづらいというのは頷けます.

 ただ,새주소は구주소の番地にあたる数字の部分,「건물번호」(建物番号)の付与方法に工夫があり,道の片側は奇数,もう片側は偶数で統一されていて,数字は20メートル間隔で付与されています(20メートル以内に複数の建物がある場合は枝番が付けられています).例えば,目的地が“○○大路200”で,現在地が“○○大路100”なら,(200−100)÷2×20=1000,つまり,目的地が約1キロ先にある,というふうに,計算で大体の距離を割り出せます.

 しくみを知っていれば便利そうにも思える새주소ですが,広大な土地に碁盤の目のように整備された計画都市ならともかく,골목길と呼ばれる露地が複雑に入り組んだ繁華街や住宅街では,새주소は逆に煩雑のようにも思えます.
posted by kajiritate webmaster at 23:13| Comment(0) | 日記