2016年12月07日

[韓国]異色クリスマスツリー

 12月と言えばクリスマス.私の地元の福岡も,特に天神や博多駅周辺は木々に電飾が施され,街はいよいよ年末の雰囲気です.この時期,博多駅の博多口側の駅前は,青色LEDをふんだんに使用したかなり大規模な電飾で圧倒されますが,この冬は,天神の市役所前広場ですでにクリスマスのイベントが始まっていて,こちらも飾りつけもとても綺麗です.イベントはクリスマスの日まで連日行われているようです.

 韓国もこの時期は,クリスマスの飾り付けで街は華やかのようです.きょう7日のKBSニュース9では,ソウルの街のちょっと変わったクリスマスツリーが3つ紹介されていました.


●태양광・헌책・거울…이색 성탄 트리 ‘눈길’(KBS NEWS) 2016/12/07

 この話題の最初に登場するのは,ソウル市役所前広場にある高さ21メートルの青く輝くクリスマスツリー.その下にある青い花の電飾は,昼間に太陽光パネルで発電した電気を利用しているとのことです.そのすぐ後に登場するハート型の電飾は,動画を見ると分かるように,その前に設置された自転車のペダルをこぐと光るそうです.

 次に登場するツリーは,リサイクルされたプラスチックの箱で枠を作り,アクリル板の鏡がはめ込まれています.遠くからモニュメント全体を見れば,三角形をしているのでツリーだと分かりますが,すぐ近くからでは,これがクリスマスツリーだとは気づきにくそうな感じです.頂上のふつうなら星が輝く部分は,自転車の車輪を組み合わせて出来ているように見えます.

 最後に紹介されるクリスマスツリーは,800冊の本にLEDの装飾を施して出来ているとのこと.本は取り出せるようになっていて,ツリーと共に登場する子供たちが手にしているのは,どれも絵本のようです.こちらのツリーは建物内にあるようですが,本屋さんの企画でしょうか…? 日本の本屋さんでもやってみると売上げがアップするかもしれませんが,場所を取り過ぎてちょっと邪魔かもしれません.

 動画の最後のカットには,ソウル広場のツリーの後ろに南大門が映っています.周りの道路が車のライトで光の渦のようになっている南大門の写真を以前よく見かけましたが,それを思わせるような綺麗な映像で締めくくられています.
posted by kajiritate webmaster at 23:34| Comment(0) | 日記