2016年12月02日

[韓国]자선냄비(慈善鍋)

 歳末の風物詩と言っては失礼があるかもしれませんが,毎年この時期は募金活動が盛んに行われるようです.日本では,10月に始まりますので歳末に限った話ではありませんが,赤い羽根でお馴染みの共同募金や,NHKの歳末助け合いなどが広く知られていると思います.

 年末になると韓国では,구세군(救世軍)の자선냄비(慈善鍋)を街角や地下鉄の駅の構内などでよく見かけるようになります.手に持った鐘をたまに振って音を鳴らしながら募金を呼びかけています.鍋にお金を入れると,はっきりとは憶えていませんが“복 받으세요”といったことばををかけてもらったように思います.

 私が小さかった頃は,年末には福岡でも人通りの多い天神の街角で,韓国で見たのと同じスタイルで募金を呼びかける救世軍の方がいらしたように思うのですが,もう何年も(何十年も?)見かけていないような…? たまたま募金活動をしていないときに限って私が外出しているのか,街頭での募金活動自体が今ではあまり行われていないのか,よく分かりません….日本では“社会鍋”という名前で知られていました.

 私は直接見たことはないのですが,韓国では他にも사랑의 온도계(愛の温度計)というのも有名です.大きな寒暖計形のモニュメントで,募金額に応じて温度計の赤い線が上がっていくというものです.2010年には主催団体に資金流用の不祥事があり,その年は募金が減ったようですが,その影響も今ではまったくないようです.
posted by kajiritate webmaster at 23:28| Comment(0) | 日記