2016年11月25日

[韓国語発音]김밥(キムパプ)

 「標準国語大辞典」の今年の第3四半期の修正内容のお知らせが,今月15日付で公開されていました.

●공지사항 목록(표준국어대사전)
http://stdweb2.korean.go.kr/notice/notice_list.jsp

 今回は30の修正があり,内訳は,@見出し語の追加が4,A見出し語の修正が3,B語釈の追加が5,C見出し語の削除が1,D語釈の修正が10,E発音の修正が1,F文型情報の修正が3,G用例の修正が3となっています.

 私が最も興味を引かれたのはE発音の修正です.“김밥"(海苔巻き)の発音がこれまでは[김ː밥]と,밥の初声を表記どおり平音で発音するのを正しいとしていましたが,今回の修正で[김ː빱]と濃音で発音するのも正しいことになりました.実際にはほとんどの場合で濃音で発音されていて,平音で発音する人はまずいませんので,現実に合わせた修正と考えられます.

 2011年に“짜장면”(ジャージャー麺)の表記が,現実の発音に合わせた“짜장면”という表記も認める複数標準語になりましたが,今回の“김밥”は,表記はそのままで2通りの発音を認めることにしたという点で,それとは対照的です.

 その他,@見出し語追加では,구르다と오다が組み合わさった複合動詞“굴러오다”が1語と認められました.これまでは1語ではなく,“굴러 오다”のように分かち書きするのが正しかったのですが,一方で“굴러가다”はこれまでも1語と認められていましたので,これに合わせたと思われます.ひょんなことから幸運が舞い込む“棚から牡丹餅”という慣用句を,韓国語では“굴러 온 보박”(転がって来たかぼちゃ)と表現しますが,今後は“굴러온 보박”と表記するのが正しくなりました.

 今回最も修正箇所の多かったD語釈の修正では,“가늘다”(細い)と“굵다”(太い)の説明に苦心している様子が感じられたり,“공교육”(公教育)と“사교육”(私教育)の定義が変化しているのに興味を惹かれます.さらに興味を惹かれるのは“발매기”(発売機)の語釈の変化で,これまでは商品が出てくる機械をそう呼んでいたのが,今回の改定では切符が出てくる機械に変わっています.また,“싣다”(載せる)は,今回の修正で物だけ出なく人もその対象に含まれました.

 以上の修正は,国立国語院が開設している標準国語大辞典のサイトにはすでに反映されていますが,国立国語院から辞書データの提供を受けているNAVERの国語辞典にはまだ反映されていないようなので注意が必要です.修正内容の資料を見れば分かることですが,2つのサイトで語釈などを実際に比較してみるのも面白いと思います.
posted by kajiritate webmaster at 22:15| Comment(0) | 日記