2016年11月21日

[韓国語]"한글”(ハングル)に関する誤解

 韓国特有のウィキ式のオンライン百科事典「나무위키」(ナムウィキ).その“한글”(ハングル)のカテゴリーに“오해”(誤解)という記事が新設されていました.記事の改版履歴を見ると,きのう20日にできたばかりのようです.ですが初めからかなりまとまった量の文章になっています.

●한글/오해(나무위키)もじ
https://namu.wiki/w/%ED%95%9C%EA%B8%80/%EC%98%A4%ED%95%B4

 まず初めに,文字の“한글”と言語の“한국어”(韓国語)の混同について触れられています.日本では,“ハングル語”や“ハングル講座”などのように使われることがあり,このような使い方は正しくないという指摘を目にすることがあります.しかし,当の韓国でも“한글”が“한국어”と同じ意味で使われることがよくあるようです.日本でもそのようなことがあるとの説明も,この記事に記述されています.

 “훈민정음”(訓民正音)と“한글”の違いについては,“한글”は現在使われている字母のみを指し,“훈민정음”は,すでに使われなくなった字母を含むセジョン大王が創製したすべての字母を指す,と説明しています.“한글”という名称は比較的新しく,それができる前は,“훈민정음”が韓国語で使われる文字の正式名称でした.しかし,セジョン大王がこの文字について記した本の名前も“훈민정음”というので,場合によっては書名なのか文字名なのか紛らわしいのですが,そのことについては,この記事では触れられていないようです.

 ハングルが誰が作ったのか分かっている唯一の文字という点については,パスパ文字やタイ文字などの例を挙げて否定しています.最後に,長文を割いていわゆる“ハングルの優秀性”に関する4つの事項について説明しています.その2つ目に書かれている「한글로 이 세상의 모든 발음을 표기할 수 있다?」(ハングルでこの世界のすべての発音を表記できる?)というのは,ハングルを学習したことがある外国人なら,無理があることを実感していると思います.

 何でも1番になることが大好きな韓国人からすると,自国固有のものに愛着を持つあまりハングルを過大評価してしまうのかもしれません.しかし,韓国人の中にも,自国に関することを冷静で客観的に見つめようという人はいます.この記事が今後,前者のような多数派の韓国人によって今の内容とは逆の方向に書き換えられたり,さらにはこの記事が丸ごと削除されたりすることなく,より信憑性の高い内容に変わっていくことを期待したいと思います.
posted by kajiritate webmaster at 23:50| Comment(0) | 日記