2016年11月16日

[資料]KOCW(Korea Open Course Ware)

 以前にもこのブログで触れたことがあるかもしれませんが,今回ブログに書くネタが他に思いつかず,何度ご紹介してもその有用さは不変ですので,敢えて書こうと思います.

 大学などが講義の動画や資料をネット上で公開して,誰もが質の高い講義を受講できるようにするMOOC(Massive Open Online Course)が,韓国にもいくつかあるようです.その代表的なものといえるK-MOOCが始まったときは,報道でも取り上げられてそれなりに話題になったのですが,そういえばその後どうなったのかなとふと思い出し.久しぶりにアクセスしてみました.

●K-MOOC
http://www.kmooc.kr/

 「강좌목록」(講義リスト)を見ると,公開されている講義数は今でもそれほど多くないようです.「언어・문학」(言語・文学)は「2」となっていますが,リンクをたどるとなぜが5つの講義が表示されます.ただ,韓国語に関係がありそうな講義は「고전문헌과 역사문화U」(古典文献と歴史文化U)と「문확이란 무엇인가」(文学とは何か)の2つだけです.

 この他,各大学が講義を公開しているサイトとしてKOCWがあります.公開中の講義数は,こちらのほうがはるかに多いようです.

●KOCW
http://www.kocw.net/

 KOCWの検索欄に「한국어교육」(韓国語教育)と入力して検索すると,30の講義がヒットします.動画講義の視聴にはログインが必須だったり,特別な動画プレイヤーをインストールする必要があるものもありますが,リンクをクリックするだけで視聴できるものも多く,PDF形式で公開されている講義の資料は,ログイン不要で閲覧できるようです.

 私の興味は主に韓国語と韓国語教育に関するものですが,その他にも様々な分野の講義がたくさん公開されていますので,例えば将来韓国の大学への進学を考えている方は,専攻したい分野に関連した講義を検索して視聴してみると,講義内容を理解できるほどの語学力がすでに備わっているかとか,韓国でどんなことが学べるのか,とったことをざっと確認することができると思います.

 もちろん,まずはただ興味本位で覗いてみるのも楽しいと思います.言葉がよく分からなくても,興味のある分野は意外と理解できるものです.韓国語を勉強している方は,リスニングの教材に応用でききないか検討されてみるといいと思います.
posted by kajiritate webmaster at 23:35| Comment(0) | 日記