2016年11月06日

[韓国語教育]世界の韓国語教育機関“世宗学堂”の統一ブランドに

 ロサンゼルスに同じ「세종학당」(セジョン(世宗)学堂)という名前の機関が2つ存在すると,5日付で한국일보(韓国日報)のLA版が伝えています.

●LA에 세종학당이 2곳 “헷갈리네”(한국일보)2016-11-05
http://www.koreatimes.com/article/20161104/1021840

 外国人向けの韓国語教育機関で,文化体育観光部傘下の세종학당が元からあったところに,在米韓国人向けで教育部が設けていた「한국교육원」(韓国教育院)も,統一ブランドの「세종학당」を含めた「한국교육원 세종학당」という名前で4日に再出発したそうです.これまでは別々に開発してきた教材も,今後は文化体育観光部傘下の国立国語院が行うということです.大阪にある韓国教育院を含む世界12カ国・30箇所の韓国教育院も同様に,今月中には名前が変更になるとも伝えています.

 この記事によると,「세종학당」統一ブランドとなるのは,韓国教育院の他,外交部傘下の在外同胞財団が設けている「한글학교」(ハングル学校)も対象とのことで,統一ブランドにすることは,7月に発表された「해외 한국어 교육 지원체계 개선 세부 실행방안」(海外韓国語教育支援体系改善細部実行方案)で決められていたそうです.3つの部の共同名義で出された報道資料が,文化体育観光部のサイトに掲載されていました.

●해외 한국어보급 세종학당 브랜드로 통합한다(문화체육관광부 보도자료)2016.07.12.
http://www.mcst.go.kr/web/s_notice/press/pressView.jsp?pSeq=15384

 TOPIKの普及で,そのレベル分けが主に韓国内の教育機関での韓国語の習熟度の基準として定着していったように,今後文化体育観光部で作成する教材やカリキュラムが,韓国語を母国語としない人向けの世界的な教育方法の基準になっていくのかもしれません.


 以下余談ですが,きのうこのブログでご紹介したハンコムオフィスの動画で見た한글(한워드)の翻訳機能を,この報道資料のhwpファイルで試してみました.もちろん韓国語から日本語への翻訳で,文書全体を対象にしてみました.翻訳にかかる時間もそれほどでもなく,和訳の内容も機械翻訳にしては良い方だという印象です.ただし,漢字はすべて旧字体になっていました.元の書式をなるべく活かすようにしているようなので,この点は仕方が無いのかもしれませんが,このような点にも改善の余地がありそうです.

 しかし,もうひとつの添付資料も和訳しようとしましたが,全く反応しません….翻訳にかけたファイルをもう一度見てみると,「허용된 일일 번역량 초과」(許容された一日の翻訳量超過)と表示されていて,よく見ると途中からは韓国語のままでした.ハンコム公式サイトのFAQで確認すると,翻訳文字数は一日5520字(A4で3枚程度)に制限されているそうです.

●컴오피스 NEO의 번역량이 어떻게 되나요?(한컴오피스 고객지원)
https://www.hancom.com/cs_center/csFaqDetail.do?faq_ctgr_lv=1&faq_seq=2546

 ハンコム社は,独自に機械翻訳の研究・開発も行っています.これまで機械翻訳は,入力された文章を文法的に解析して訳出する方法が一般的だったようですが,膨大な棋譜を入力して自己学習させた“アルファ碁”のように,人工知能(AI)にたくさんの原文とその翻訳例を入力して,AIに自ら学習させて精度を上げる方法にシフトしてきているようです.

 韓国での機械翻訳の現状については,MBCラジオ「이진우의 손에 잡히는 경제」の10月29日放送分でも取り上げられていました.それによると,ハンコム社は,文法的な翻訳法と統計的手法とを組み合わせた機械翻訳を開発しているそうです.ネイバーは,AIによる機械翻訳を開発しており,自社が開発する機能がすでに一部ではグーグルを上回っているという自負があるようです.この番組の過去の放送分は,以下で聴取できます.

●다시듣기(팟캐스트) | 이진우의 손에 잡히는 경제
http://www.imbc.com/broad/radio/fm/economy/podcast/index.html
posted by kajiritate webmaster at 22:44| Comment(0) | 日記