2016年11月27日

[韓国語]ネーミングに込めた意味

 きのうからきょうにかけて行われた5回目の大規模촛불집회は,主催者発表でソウルだけで150万人,各地で行われた集会の参加者も含めると190万人というこれまでで最多の人数を記録しました.今回の事態が発覚した発端には,「ミル財団」と「Kスポーツ財団」という2つの財団の設立がありました.

 2つの財団の名付け親はパク大統領といわれています.そのうちのひとつ,「ミル財団」の“미르”(ミル)は,韓国語の古語で“竜”という意味です.今は使われていない言葉で,竜のことは現在では漢字語の“용”(ヨン)が使われています.竜は朝鮮の王を象徴として使われていたもので,現在,韓国では大統領の象徴として使われています.大統領が執務するようすを映した動画をよく見ると,背景に竜をデザインした絵が映っていることがあります.

 今の韓国で미르が竜の意味だと知っている韓国人がどれほど存在するのか私にはよくわかりませんが,それを知っている人なら,「ミル財団」という名前を聞いただけで大統領と関係がある組織だとすぐに推測がつくはずです.このようなネーミングに隠された意味までは,ふつうに韓国語の練習を続けていてもなかなか気づくことができず,後で振り返るとそういえば…ということが私にはありがちです.

 今月11日は日本ではポッキーやプリッツの日ですが.韓国ではポッキーに似た韓国・ロッテ製菓のお菓子“빼빼로”(ペペロ)を贈り合う“빼빼로데이”(ペペロデー)と呼ばれています.빼빼로というお菓子があるのはずいぶん前から知っていましたが,“빼빼”に“ガリガリに痩せている”という意味があることを知ったのは,それから何年も経った後でした.

●빼빼1(NAVER일본어사전)
http://jpdic.naver.com/entry/kj/KJ000000041260.nhn

 ですので,빼빼로の実物を見たことがない韓国人でも,それがとても細いものだということだけはネーミングからピンとくるのでしょうが,韓国語学習者がこのようにネイティブと同じ感覚を持つまでに達するのは,至難の業だと思います.できればこの域にまで到達したいですが,語学に余ほどセンスがある人ならともかく,私には今後何十年たっても難しそうです.
posted by kajiritate webmaster at 22:16| Comment(0) | 日記

2016年11月26日

[IT]ろうそくアプリ

 パク大統領の退陣を求める大規模集会もきょうで5回目.ソウルでは初雪が降り,寒くてあまり良い天気ではなかったようですが,地方からソウルの集会に参加しようという人が再び増えて,これまでで最大の人出になっているようです.集会はあす27日の朝5時まで続く予定です.

 今回の集会では,トラクターでソウルの集会に参加しようという農民が多数いたようです.しかし,安全上の理由から首都圏に差し掛かる前に警察に止められ,仕方なくトラクターはその場に止めてソウルに向かったようです.行進は青瓦台から200メートルの地点まで侵入が認められ,これまでで最も青瓦台の近くまで行進が行われましたが,こちらも大きな混乱もなく,平和的に行われたとのことです.

 こちらは今回初めてかは分かりませんが,LEDライトの촛불(チョップル,ろうそくの火)に続いて,携帯電話用の춧불アプリが登場したことを,こんやのKBSニュース9が伝えていました.その他,集会の行われる光化門広場周辺のトイレの位置などを確認できるアプリもあるそうです.

 촛불アプリは何種類もあるようですが,そのうちのひとつ,「Soonsoon Candle Light」というのを実際に使ってみました.韓国製のアプリのようです.次のアドレスからアクセスできます.ろうそくの色を変えられたり,炎の大きさを調整できたりする上,端末を揺らしたり傾けたりすると,炎もそれに合わせて動きます.画面上部をタップすると,メッセージを入力できます.

●Soonsoon Candle Light
(iOS)https://itunes.apple.com/jp/app/id1175954964
(Android) https://play.google.com/store/apps/details?id=com.soonsoon.SoonsoonCandle

 寝る前に携帯電話を触るのは睡眠の妨げになる,という話を耳にしますが,部屋を暗くしてこのアプリでろうそくの炎を見つめていると,自然に安眠できそうな気がします.合わせてゆったりとした音楽を聴いたりすれば,気持ちが落ち着きそうです.夜通し集会に参加している方々には悪いですが,韓国の混乱が早く収まることを願いつつ,今夜はこのアプリと共に就寝したいと思います.
posted by kajiritate webmaster at 22:55| Comment(0) | 日記

2016年11月25日

[韓国語発音]김밥(キムパプ)

 「標準国語大辞典」の今年の第3四半期の修正内容のお知らせが,今月15日付で公開されていました.

●공지사항 목록(표준국어대사전)
http://stdweb2.korean.go.kr/notice/notice_list.jsp

 今回は30の修正があり,内訳は,@見出し語の追加が4,A見出し語の修正が3,B語釈の追加が5,C見出し語の削除が1,D語釈の修正が10,E発音の修正が1,F文型情報の修正が3,G用例の修正が3となっています.

 私が最も興味を引かれたのはE発音の修正です.“김밥"(海苔巻き)の発音がこれまでは[김ː밥]と,밥の初声を表記どおり平音で発音するのを正しいとしていましたが,今回の修正で[김ː빱]と濃音で発音するのも正しいことになりました.実際にはほとんどの場合で濃音で発音されていて,平音で発音する人はまずいませんので,現実に合わせた修正と考えられます.

 2011年に“짜장면”(ジャージャー麺)の表記が,現実の発音に合わせた“짜장면”という表記も認める複数標準語になりましたが,今回の“김밥”は,表記はそのままで2通りの発音を認めることにしたという点で,それとは対照的です.

 その他,@見出し語追加では,구르다と오다が組み合わさった複合動詞“굴러오다”が1語と認められました.これまでは1語ではなく,“굴러 오다”のように分かち書きするのが正しかったのですが,一方で“굴러가다”はこれまでも1語と認められていましたので,これに合わせたと思われます.ひょんなことから幸運が舞い込む“棚から牡丹餅”という慣用句を,韓国語では“굴러 온 보박”(転がって来たかぼちゃ)と表現しますが,今後は“굴러온 보박”と表記するのが正しくなりました.

 今回最も修正箇所の多かったD語釈の修正では,“가늘다”(細い)と“굵다”(太い)の説明に苦心している様子が感じられたり,“공교육”(公教育)と“사교육”(私教育)の定義が変化しているのに興味を惹かれます.さらに興味を惹かれるのは“발매기”(発売機)の語釈の変化で,これまでは商品が出てくる機械をそう呼んでいたのが,今回の改定では切符が出てくる機械に変わっています.また,“싣다”(載せる)は,今回の修正で物だけ出なく人もその対象に含まれました.

 以上の修正は,国立国語院が開設している標準国語大辞典のサイトにはすでに反映されていますが,国立国語院から辞書データの提供を受けているNAVERの国語辞典にはまだ反映されていないようなので注意が必要です.修正内容の資料を見れば分かることですが,2つのサイトで語釈などを実際に比較してみるのも面白いと思います.
posted by kajiritate webmaster at 22:15| Comment(0) | 日記