2016年10月19日

[韓国]“原図,二人の文字の名匠の話”

 ソウルの国立ハングル博物館では11月17日まで,ハングルの字体のデザイナーの草分け的な存在である최정호(チェ・ジョンホ), 최정순(チェ・ジョンスン)のお二人の業績を紹介する“원도, 두 글씨장이 이야기”(原図,二人の文字の名匠の話)という展示が行われています.

 この展示についてはこのブログの10月6日の記事でも触れたのですが,次の記事で大きな写真とともにこの展示が紹介されていました.

●한글 글꼴의 아버지를 아시나요?(디자인정글)2016-10-18

 まだコンピューターなどが無い時代,一文字ずつ手作業でハングルの字体をデザインしなければならなかったことを想像すると,その苦労がしのばれます.実際より大きくデザインした各文字をもとに機械で彫刻して金属活字を作っていたのが,1970年代になって日本から写植機が導入されて普及するにつれ,文字をデザインした原図のクオリティーの重要性がさらに高まったようです

 今ではフォントでも有名な日本の「モリサワ」が,当時韓国での写植機普及にも深く関わっていたようです.写植機で使われていたハングルの書体が,モリサワの韓国法人によってフォント化されたことを伝える記事が,アジアトゥデイというサイトに掲載されていました.

●모리사와, 한글디자이너 최정호 선생 서체 14종 복원(아시아투데이)2016. 10. 05.

 1970年代といえば韓国はまだ経済成長の道半ば,後に発展を遂げて今のIT強国にまでなると考えた人はほとんどいなかったと思います.当時は写植の技術も日本に依存するしかなかったことを考えると,韓国の劇的な発展に驚かずにはいられません.

posted by kajiritate webmaster at 23:18| Comment(0) | 日記