2016年10月15日

[韓国語]エスノローグの世界の言語ランキング

 ことしの4月から韓国語の学習を始めた方は無事に半年が過ぎ,飛行機で言えば離陸体勢からすでに安定した水平飛行の段階に入って今後もこのペースで続けていけそうだと手ごたえを感じていらっしゃると思います.学習の一番初めの取り掛かりは,学習者に無理な負担をかけず楽しく勉強を続けていけるよう各教室や教材ごとに様々な工夫が凝らされていることと思います.

 今月からは再放送が始まったNHKラジオの「まいにちハングル講座」のチャン・ウニョン先生の講座は,6か月間の講座を始めるにあたってまずは文字をきちんと覚えることを重点を置いているようです.そうかと思えば,안녕하세요?(アンニョンハセヨ?),감사합니다(カムサハムニダ)というように,会話ですぐに役立ちそうなフレーズから始まる教材もあります.

 その他,学習を始めるにあたって“韓国語とはどんな言語か?“といった説明から入ったり,そのようなことを前書きやコラムに載せている教材もあります.私が韓国語教師の研修を受けたときも,まずはそういう話から始まりました.

 世界には約6千の言語があるといわれていて,韓国語・朝鮮語話者の人口は世界の言語の中で第○位.韓国語は韓国や北朝鮮以外にも,中国の延辺朝鮮族自治州や日本,CIS(旧ソ連)の各国などにも話者がいる…といった話だったと思いますが,韓国語話者の数やその世界での順位は忘れてしまいました….

 世界の言語数や各言語の話者数などは,「Ethnologue」(エスノローグ)というサイトの情報を参照していることが多いようです.次のページの「Table 3.」に,第一言語話者が5千万人以上存在する23の言語のランキングが示されています.

●Summary by language size | Ethnologue
https://www.ethnologue.com/statistics/size

 この表によると,韓国語話者数のランキングは世界で12位で,話者数は約7730万人,世界7か国に話者が存在します.世界的に見ても,話者は多いほうだといえます.韓国の人口が約5千万人,北朝鮮の人口ははっきりとは分かりませんが2千万人以上のようですので,南北合わせて約7千万人以上が,韓国語・朝鮮語を母語とする人で,第一言語とするひとが国外に数百万人いるようです.

 上の表の [kor] の部分のリンクをクリックして表示されるページで,韓国語話者がいる韓国以外の国の情報が表示されます.このサイトによると,韓国語話者が存在する7か国というのは,韓国,北朝鮮,中国,日本,ロシア,トルクメニスタン,ウズベキスタンのようです.

 Ethnologueでは,各国の国内で話されている言語の種類も確認できます.例えば日本の場合,日本語以外にもアイヌ語や琉球語が思い浮かびますが,南西諸島や琉球諸島はかなり細かく言語が分かれていて,国外からの移住で持ち込まれた言語を除いて全部で15の言語があるそうです.手話もひとつの言語としてその数に含まれているところが興味深いです.

 一方,韓国の言語数は3で,韓国語と韓国語手話の他,チェジュ(済州)島のことばがカウントされています.北朝鮮は1になっています.世界各国の状況は,次のページの表で確認できます.

●Summary by country | Ethnologue
https://www.ethnologue.com/statistics/country

 またまたとりとめの無い話になってきましたし,Ethnologueのサイトには閲覧ページ数に制限が設けられていますので今回はこのへんで….
posted by kajiritate webmaster at 23:08| Comment(0) | 日記