2016年10月31日

[韓国]デモを見に行っても大丈夫か?

 きょう31日のKBSの夜9時のニュースは「“チェ・スンシル”ゲート特集」と銘打って放送されました.疑惑の中心のチェ・スンシル氏は,帰国しないという意志を一転,ドイツからロンドン経由できのう30日にインチョンに到着してソウル入りし,きょう検察に召喚されました.青瓦台(大統領府)のチェ氏と近しい人物も今週中には召喚予定で,いよいよ捜査が本格化しそうです.

 政界も揺れています.野党がパク大統領を厳しく批判するのはもちろん,与党・セヌリ党の中でも,なるべく穏便に済ませようと事態の収拾を図る勢力と,パク大統領の責任を追及する勢力が混在しているようです.与党ですのでふつうなら何があっても大統領を支持するはずですが,党内は以前からパク大統領側の“친박”(親パク)と呼ばれる勢力と,そうではない“비박”(非パク)という勢力が混在していました.

 この件では一般の市民も怒りを露にしています.きのうはソウルをはじめ韓国各地でデモが行われました.日本の報道各社も“デモ”が行われたと伝えられています.韓国のデモといえば,1980年代の催涙弾が飛び交う民主化デモのようすを報じるテレビ映像が,私は今でも印象に残っています.しかし,そんな激しいデモは今は昔,すでに“デモ”というより極めて平和的な“集会”に変わっています.

 私が語学留学していた2008年は,イ・ミョンバク政権に反対する集会が,週末はもちろん平日にも行われていました.メイン会場(?)はチョンゲ(清渓)川の始点(??)のチョンゲ広場の仮設ステージで,セジョン大路は景福宮方向には人っ子ひとり進入できないようキョボ文庫のあたりに貨物用のコンテナが隙間無く並べられて人の往来も完全遮断,ソウル市庁前広場のあたりまでと,セジョン大路と交差する鍾路は車の通行が規制され事実上の歩行者天国でした.

 語学堂の先生からは,混乱に巻き込まれないよう会場には行かないようにといわれていましたが,滅多にない機会ですし,韓国を理解するには絶好の現場学習になると思い,よく意味も分からないまま何度も見に行きました.

 韓国のデモといえば,このころから紙コップに刺さったろうそくを参加者みんなで掲げる「촛불시위」(チョップルシウィ,ろうそくのほのおデモ)が定着し,その名前も“시위”(シウィ,示威)から“집회”(ジペ,集会)に変わって「촛불집회」(チョップルジペ)と呼ばれるようになりました.その内容も,かつての民主化デモのように警官隊と激しく対立するようなものではなくなっています.

 一部の激高した参加者が暴れることはあるかもしれませんが,歩行者天国状態の道路脇は警察のバスがずらっと列をなしていて,多数の警官隊が投入されていますので,すぐに制圧されてしまうと思います.収拾がつかなくなっても,警官隊は물대포(水大砲)程度の道具しか使わないと思います.とはいっても,もしそうなれば寒くなってきたこの季節にずぶ濡れになるかもしれませんし,水圧で吹き飛ばされてけがをするかもしれませんので,万一現場がヒートアップしてきたらすぐに立ち去ったほうがよさそうです.
posted by kajiritate webmaster at 23:25| Comment(0) | 日記

2016年10月30日

[PC]無料でHWPファイルを閲覧・編集できる「ポラリスオフィス」

 IT東亜に,次のような記事が掲載されているのを見つけました.

●[IT애정남] HWP, PDF 문서를 무료로 다른 파일로 변환하는 방법은?(IT동아)2016-10-28
https://it.donga.com/25328/

 PDFファイルは日本でも良く使われていますが,HWPファイルは韓国のワープロソフト「アレアハングル」独自のファイルで,日本語Windowsのパソコンではふつう開くことができません.韓国とのやり取りが頻繁にあり,日本でもHWPファイルを編集する必要がある場合は,「アレアハングル」が含まれている「ハンコムオフィス」というソフトを入手するのが最善だと思いますが,単に閲覧するだけで編集する必要はない場合,それも,HWPファイルを扱うことはたまにしかない,という場合,そのためだけに「ハンコムオフィス」を購入するのは抵抗があると思います.

 そんなときは,HWPをMSワードやPDFなど,日本のパソコンでも扱える形式に変換できれば…とお思いになると思います.当ブログでは以前,この記事にもあるマイクロソフト社で無料公開されているツールをご紹介したことがありました.この記事には,ワードの新しいファイル形式で拡張子がdocxのファイルをhwpに変換する方法として,「ポラリスオフィス」が紹介されています.ということは,単にHWPファイルを表示させるのにも「ポラリスオフィス」が利用できるのではないかと思い,実際にやってみました.

 先に結果から言うと,HWPファイルを閲覧できました.私が開いてみたHWPファイルは,ページ数はわずか2ページながらも少し複雑な表を含むものですが,体裁が崩れることも無くきちんと表示されました.さらに,試しに表内に文字を追加して保存し,保存したファイルを「アレアハングル」で開いてみたのですが,こちらも特に問題はありませんでした.詳細な互換性はよくわかりませんが,HWPの閲覧はもちろん,ちょっとした編集にも「ポラリスオフィス」を「アレアハングル」の代用として使えそうです.

 Wikipediaの記事を見ると,「ポラリスオフィス」は韓国の会社が開発しているとのことですので,HWPファイルとの互換性を重視している可能性は高いと思われます.ダウンロードのためにアクセスした「ポラリスオフィス」公式サイトは英語一色です(サイト最下部右側で,表示言語を設定できます)が,インストール時に日本語を選べ,メニュー表示などソフト自体の日本語化はほぼ完璧ですので,日本語母語話者にはとても使いやすいと思います.

 ただし,インストールするだけで使えるのは30日間で,その後は製品登録か,ポラリスオフィスのサイトへのログイン(facebookやgoogle+のアカウントも利用可)の必要があるようです.後者の場合,無料のまま続けて利用できるのかはよく分かりません….30日経過後にこのソフトを使う機会があれば,確認してみようと思います.

●POLARIS OFFICE(日本語)
https://www.polarisoffice.com/ja-jp/

【2016.11.05 追記】
 ポラリスオフィスをインストールすると,パソコン起動時に自動的に実行され常駐するようになります.それを解除するには,タスクトレイ内のアイコンを右クリックして歯車マークをクリックし,「設定」の「Windowsの起動時に自動的に実行します。」のチェックを外してOKボタンを押してください.
posted by kajiritate webmaster at 22:48| Comment(0) | 日記

2016年10月29日

[韓国]どの映画も主役は同じ…

 今回は私が韓国映画に興味を持ち始めた頃のことを書こうと思います.

 2000年前後の頃の話です.「8月のクリスマス」「接続」など,私が見た当時最新の作品にはどれもハン・ソッキュ主演でした.彼の印象は,それまでの韓国映画と一線を画した大ヒット作品「シュリ」で決定的なものとなり,その後「二重スパイ」(こちらはまだ見ていませんが…)も彼の主演でしたので,韓国について全くの無知だった私は「最近の韓国映画はどれもハン・ソッキュが主役なのかな?」と思っていました.

 その数年前,福岡市の図書館が博多埠頭から百道浜に移転して「福岡市総合図書館」が開館したとき,図書館内の映像ホール「シネラ」で韓国映画を集中的に上演する企画が数回に分けて行われました.その第1期には1980年代以降の映画が上映されたのですが,私が見に行った作品ではことごとくアン・ソンギが主役を演じていました.ですので,韓国では有名俳優があらゆる作品の主役を独占するという,自分自身に対する“間違った刷り込み”が行われたのでした.

 その“刷り込み”は,この企画の第2期以降で確固なものになりました.第1期で上映された作品よりやや古い映画が上映されたのですが,ほとんどの作品がチェ・ウニ主演だったからです.彼女は映画監督のシン・サンオクと結婚しますが,当時シン監督とともに多くの作品を残しました.

 シン監督とチェ・ウニご夫妻は,その後北朝鮮に渡って監督は北朝鮮でも映画を作り,結局二人で脱北して韓国に戻るという珍しい経緯の持ち主です.それについて書かれた「闇からの谺(こだま)」という本を読んだことがあるのですが,読んだという記憶があるだけで内容は忘れてしまいました.

 「シュリ」のヒット以降は日本でも韓国映画に触れる機会が増え,それから数年後にはテレビドラマ「冬のソナタ」が大ヒットして,エンタメも含め韓国のあらゆる情報に簡単に接することができるようになりました.インターネットの普及で,韓国の情報にリアルタイムに接することができるようになったのも,私の変な“刷り込み”を払拭する大きな助けになったようです.もしも韓流ブームやネットがなかったら,映画だけではなく,韓国全体に対して自分勝手な歪んだイメージを持ち続けていたかもしれません.
posted by kajiritate webmaster at 22:40| Comment(0) | 日記