2016年09月27日

[資料]ソウル地下鉄のウェブサイトの公開資料

 きょうから韓国では鉄道労組と地下鉄労組のストライキが行われています.2つの組合が共にストをするのは22年ぶりとのことです.ストはきょうの朝9時から始まり,混雑する時間帯は非組合員が穴埋めしたため,ソウルの地下鉄はほぼ通常通り運行していたようです.ただし,昼間の時間帯は通常の8割程度の運行で,いつもよりやや待ち遠しく感じた利用客もいらしたかもしれません.

 仕事の成果で給与額を決める「성과연봉제」(成果年俸制)の導入に反対してのストとのことですが,ストに加わっているのは組合員の3割程度に留まっているようです.影響はあまり大きくなさそうに見えますが,「KORAIL」(韓国鉄道公社)の貨物列車の運行は通常の3割程度とかなり少ないようですし,労使交渉はまだ妥結していないようですので,このまま長期化すると次第に影響が広がっていくかもしれません.

 ソウルの地下鉄は,1〜4号線の「ソウルメトロ」と,5〜8号線の「ソウル都市鉄道」とに運営主体が大きく2つに分かれています.9号線や新盆唐線はそれぞれ独自に運営されていて,1,3,4号線は「KORAIL」と相互乗り入れをして共同運行していますので,首都圏全体で見るとちょっと複雑になります.

 そんな地下鉄の運営主体のサイトでも,いろいろな資料が公開されています.中でも目を引くのは,地下鉄の車内や駅のホームで流れる放送のMP3ファイルです.きょう久しぶりにアクセスしてみると,「ソウルメトロ」のサイトの資料室で,駅に電車が入るときの構内放送の音声が公開されているのを見つけました.

열차진입 안내방송.(2016년 5월 기준)

 「ソウル都市鉄道」のサイトの資料室には,色弱の方に配慮したソウルの地下鉄の路線図が掲載されていました.しかし,その路線図を実際に見てみてもどのような配慮がされているのかよくわかりませんでした.

네이버색약자노선도201605

 この路線図を作成したのはNAVERのようしたので,NAVERで検索して「Naver letter」の次の記事を見つけました.この記事の中で,路線図が色弱の方にどう見えるのか詳しく説明されています.この記事によると,色の似た路線の片方に枠線を施して区別しやすくしたり,乗換駅で交わる路線の番号を明記して分かりやすくするなどの工夫をしているようです.

네이버의 공공디자인(2015.06.05)

 後で気づいたのですが,これと同じ路線図は「ソウルメトロ」のサイトでも公開されていて,どのページからでもダウンロードできるよう,すべてのページの左上に路線図へのリンクが表示されていました.

 「KORAIL」のサイトでも地下鉄の車内放送の音声が公開されていて,昔ダウンロードした記憶があるのですが,今探してみるとどこに公開されているのかよくわかりませんでした….教材としても利用できそうで,特に日本など外国で韓国語を教えている先生方は重宝なさると思うのですが….また改めて探してみたいと思います.
posted by kajiritate webmaster at 17:56| Comment(0) | 日記