2016年09月24日

[PC]ハングルを辞書登録して日本語IMEのまま入力

 韓国語を勉強している方は,お使いのパソコンでハングルも入力できるように韓国語IMEを追加設定していらっしゃる方も多いと思います.しかし,このブログでもそうですが,ほとんど日本語で書いている文章の中にハングルをちょこちょこ混ぜて書く場合は,日本語と韓国語のIMEを頻繁に切り替えなければならずちょっと手間がかかります.

 それを解消する方法として,当サイトの掲示板のこちらの記事で,11172文字すべてのハングルを一気にPC用のGoogle日本語入力に登録するためのテキストファイルを作成したというご投稿を頂いたことがありました.これを利用すれば,韓国語IMEに切り替えなくても単漢字変換と同じようにしてハングルを入力できるというものです.その方は,次のブログ記事で自作の登録ファイルを公開なさっています.

「Google日本語入力」で韓国語 (ハングル) をアルファベットで入力する(奈良人 in CT)

 もうひとつ,これと同じような形で登録ファイルを自作なさった方のブログを最近見つけました.こちらの方は,“ㅊ”を“ch”の他に“c”の1字だけでも入力できるようにして利便性を高めているのが大きな特長のようです.また,Unicodeでハングルの子音の字母は,例えば同じ‘ㅇ’でも初声に使われるものと終声に使われるものが別々に定義されていて,その区別がないものも含めて3種類の‘ㅇ’が定義されています(Wikipediaの記事).こちらの登録ファイルでは,同じ子音字母でも初声字と終声字を別々に扱い,それらを入力できるようにしています.こちらの方も作成した登録ファイルを公開なさっており,Googleドキュメントから自由にダウンロードできます.

ハングル用の辞書を作る(こぶり主義)

 この方法を掲示板にご投稿頂いたとき,これは便利だと思い自分でも試してみようと思ったのですが,Google日本語入力ではなく,WindowsPCに初めから入っているMicrosoft IMEではファイルの登録がうまくいかず,そこでいきなりつまづきました.Google日本語入力の登録ファイルは文字コードをUTF-8で,Microsoft IMEのそれはUTF-16で作成することがわかり,この点は文字コードの変換でクリアできました.

 そうして実際に使っているうちに,PCの韓国語入力で一般的に使われている두벌식(トゥボルシク,2ボル式)に慣れているので,ローマ字入力ではなく2ボル式でこれと同じことができないかと思うようになりました.今は,日本語IMEのまま두벌식と同じようにキー入力できる登録ファイルを自作して利用しています.

 その登録ファイルを当サイトで公開しているのですが,使っているうちに不備があちこち見つかり,最近また不備が見つかったので目下訂正中です….私が作成している登録ファイルは,全11172字のハングルのうち,KSコードに定義されている2350文字以外はコメントアウトしています.実用上は,2350字のハングルで充分という判断からです.訂正が終わったら,その登録ファイルを公開したいと考えています.

 今回はいずれの登録ファイルでもハングルをひと文字ずつ扱っていますが,この方法は単語やあいさつ文などをまとめて登録したいときに便利で,それが本来の使い方だと思います.文字コードさえ気をつければ,日本語だけでなくハングルも登録できますので,この方法を使ったハングル入力で他にもいいアイディアをお持ちの方は,一度お試しになってみるといいと思います.

【2016.9.25 追記】
 日本語IMEでハングルを1文字ずつ2ボル式で入力するための登録ファイルの修正版を,当サイトのサーバーにアップロードしました.次のリンクからダウンロードできます.

MS-IME_Dic_2BeolsikHangul_UTF-16_v2.00.zip

 zipファイルを解凍すると,テキストファイルが1つ現れます.その中に登録方法を簡単に記載しています.もう少しわかりやすく書きたかったのですが,登録ファイルのコメントと登録ツールの相性が悪いようで諦めました.コメントの書き方によって登録できたりエラーが出たりして,その原因を突き止めようとしてもよくわかりませんでした.
posted by kajiritate webmaster at 23:20| Comment(0) | 日記