2016年09月18日

[PC]鍋田辞書をサーバー上で動かしてみる

 きのう,鍋田辞書にはサーバー上に設置できるPHP版とPerl版があることを知りましたので,これを機会に一歩踏み込んで当サイトに試しに設置してみました.自分の備忘録を兼ねて,きょうはその手順について書こうと思います.

 まずは,PHP版とPerl版の鍋田辞書の入手からです.鍋田辞書公式サイトの次のページからリンクをたどり,それぞれに必要なzipファイルを入手しました.現在公開中のバージョンのファイル名は,PHP版が「nabetajishop120.zip」,Perl版が「nabetacgi031.zip」です.次の2つのページにも記載されているとおり,どちらもフリーソフトです.作者さんはまずPerl版の開発から着手し,現在はPHP版の開発に注力なさっているようです.

[PHP版] 鍋田辞書P Ver 1.2 (2014/3/31)
[Perl版] Perl版 鍋田辞書CGI(フリーソフト)

 設置はとても簡単で,zipファイル内のファイルをPHPやPerlが動作可能なサーバーにアップロードするだけです.細かい設定でてこずらされたり,設置しても動作せずに悩まされることは一切無く,ここまでは呆気にとられるほどスムーズに終わりました.当サイトではPHP版とPerl版でディレクトリ(フォルダ)を分けて,それぞれ次の場所で利用できるようにしました.

【かじりたてのハングル】鍋田辞書オンライン版
[PHP版] 鍋田辞書P
[Perl版] Perl版 鍋田辞書CGI

 鍋田辞書は辞書データを検索するソフトですので,動作には辞書データを収録したファイルを用意しなければなりません.PHP版には簡単な英和辞典のデータファイルが付属していますが,動作確認用のサンプルデータのようで,収録語彙数はごくわずかです.Perl版には,辞書のデータファイルは含まれていません.

 オンライン版ではないローカル版の「鍋田辞書P」や,オリジナルのWindows上で動作する鍋田辞書には,韓国語辞典をはじめ5つの辞書データのファイルが含まれていますので,それを流用できればこちらも簡単に解決できます.しかし,オンライン版の鍋田辞書では,再配布や公開が禁止されている辞書データを勝手に流用することはできません.

 ですので,辞書データのファイルを自分で用意する必要があります.見出し語と語釈をまとめたデータを,オンラインの鍋田辞書で扱えるファイル形式に変換して,それをサーバーにアップロードしなければなりません.鍋田辞書の辞書データの作成方法を私は全く知りませんでしたので,私はこの点でかなり戸惑いました.

 オンライン版には辞書データの作成機能があるのかわかりませんでしたのでWindows版を利用し,csv形式で準備したファイルを鍋田辞書独自のcgidatという拡張子のファイルに変換しました.Windows版の鍋田辞書は,次のページの中ほどから入手可能です.現在公開中のファイルは「nabeta580.zip」です.zipファイルを任意のフォルダに展開し,「nabeta.exe」を起動させます.

鍋田辞書ダウンロード

 csv形式のデータの入力は,メニューの「データ」→「各種データ登録と辞書設定」で行います.開いたウィンドウで「登録元データ形式」を「CSVファイル(単語登録で〜)」に変更し,黄色いボタンを押します.入力ファイルの指定の前に,現在選択中の辞書のデータをすべて削除することを確認するウィンドウが開きます.今回は既存の辞書ファイルは不要でしたのでメッセージに従い「sakujo」と入力しました.入力ファイルを指定すると,さらに登録内容を確認するウィンドウ開くので「OK これで登録する」ボタンを押します.

 入力ファイルの件数が多く,終わるまで数分かかりました.登録中は,ウィンドウ右側に赤く「登録中」と表示される少し下に処理した語彙数と思われる数字が表示され,経過を確認できます.

 次に,cgidat形式で辞書データを出力します.「データ」→「鍋田辞書CGI用データ出力」と進み,出力ファイル名を指定します.PC上で動作する「鍋田辞書P」の辞書ファイル名は「nabeta.cgidat」「nabeta2.cgidat」「nabeta3.cgidat」…となっていますので,それに合わせました.出力処理は入力と違って一瞬で終了します.後は出力したファイルをサーバーにアップロードするだけです.これで辞書検索が可能になります.

 当サイトでは今のところ,PHP版の「DIC1」は訳のついていない韓国語のオノマトペ(擬声語・擬態語)の一覧を,「DIC2」は英語などの原語とそのハングル表記などを示した資料を元に作成した辞書ファイルを利用しています.どちらも出典は국립국어원(国立国語院)のウェブサイトの公開資料です.Perl版の辞書ファイルは,PHP版の「DIC1」と同じものです.今回の鍋田辞書設置は試験的なものですので,今後辞書ファイルを変更したり,公開自体をやめてしまうことがあるかもしれません.

 ここまで,オンライン版の鍋田辞書の設置手順をたどってみました.辞書ファイルの作成に手間隙がかかりますが,エクセルなどでコツコツ作ってきた単語帳がすでにまとまった項目数になっていて,ネット上で公開して他の学習者にも使ってもらえたら…といったことをお考えの方には,オンライン版の鍋田辞書の利用も有力な選択肢のひとつになりえると思います.

 PHP版,Perl版とも,著作権表示などを除いて改変可能とのことですので,独自の機能を追加したり,好みのUIに変更したりと,工夫次第で可能性が広がりそうです.でも私は,まずはPHPやPerlを理解しなければ….できれば新しいことにも挑戦してみたいと思います.
posted by kajiritate webmaster at 23:37| Comment(0) | 日記