2016年09月10日

[PC]韓国語IMEで記号を出すには?

 パソコンで日本語入力中に●や■といった記号を入力したいとき,●なら「まる」,■なら「しかく」と入力して漢字変換します.読みが分からずに何と入力して漢字変換すれば分からない記号は,とりあえず「きごう」と入力して変換すればたくさんの変換候補が表示されますので,ほとんどの場合はそれで事足りると思います.

 韓国語IMEで,これと同じことをするにはどうすればいいでしょうか…? ハングルで読みを何文字も入力しても,一度に一文字ずつしか変換できませんし….韓国語IMEでは,ハングルの子音字の字母だけを入力して漢字変換するとさまざまな記号類を入力することができます.한자(漢字)キーのない日本語キーボードでは,右Ctrlキーで代替します.

 この方法の欠点は,どの子音がどの記号に変換できるのか覚えていなければ,入力したい記号を手探りで探し当てなければならないことです.●や■なら,いったん日本語IMEにして入力するという方法もありますが,₩や㉠ ㉡ ㉢…といった日本では使わない記号の入力にはお手上げです.

 子音字と変換できる記号の対応表は当サイトにも画像形式で掲載していまず.画像で掲載すれば,文字化けを防ぐことが出来てどんな環境でも字体を確認できると思ったのですが,今では韓国語の文字化けで悩まされることはまずありませんし,文字として掲載しておけばコピー&ペーストして簡単に利用できますので,そのほうが便利だったかな…と思います.

 しかし,韓国のポータルサイトで「특수문자」(特殊文字)というキーワードで検索すれば,子音字と記号の対応表が表示されることを,こちらのブログ記事てきょう知りました.このブログ記事ではDAUMを紹介していますが,NAVERでも可能です.よく使う記号があれば,どの子音字に対応しているか覚えておいたほうがいいかも知れませんが,たまに必要になる程度ならこちらで充分だと思います.

특수문자(DAUM)
특수문자(NAVER)

 DAUMの表にある記号を以下に抜粋しておきます.
【ㄱ】!V,. ̄:;‥…¨〃-―‖\∼´〜ˇ˘˝˚˙,˛!¿ː
【ㄴ】W()[]{}‘’“”〔〕〈〉《》「」『』【】
【ㄷ】+−<=>±×÷≠≤≥∞∴♂♀∠⊥⌒∂∇≡≒≪≫√∽∝∵∫∬∈∋⊆⊇⊂⊃∪∩∧∨¬⇒⇔∀∃島∏
【ㄹ】$%₩F′″℃Å¢£¥¤℉‰€㎕㎖㎗ℓ㎘t㎣㎤㎥㎦㎙㎚㎛opq㎟㎠u㎢㏊㎍rs㏏㎈㏈㎧㎨㎰㎱㎲㎳㎴㎵㎶㎷㎸㎹㎀㎁㎂㎃㎄㎺㎻㎼㎽㎾㎿㎐㎑㎒㎓㎔Ω㏀㏁㎊㎋㎌㏖㏅㎭㎮㎯㏛㎩㎪㎫㎬㏝㏐㏓㏃㏉㏜㏆
【ㅁ】#&*@§※☆★○●◎◇◆□■△▲▽▼→←↑↓〓◁左向き三角1右向き三角1スペードハート(トランプ)クラブ⊙◈▣◐◑▒▤▥▨▧▦▩温泉電話1(プッシュホン)☜☞¶†‡右矢印2左矢印2上矢印2下矢印2♭♩♪♬㉿㈜㏇トレードマーク(TM)㏂㏘レジスタードマークao
【ㅂ】─│┌┐┘└├┬┤┴┼━┃┏┓┛┗┣┳┫┻╋┠┯┨┷┿┝┰┥┸╂┒┑┚┙┖┕┎┍┞┟┡┢┦┧┩┪┭┮┱┲┵┶┹┺┽┾╀╁╃╄╅╆╇╈╉╊
【ㅅ】㉠㉡㉢㉣㉤㉥㉦㉧㉨㉩㉪㉫㉬㉭㉮㉯㉰㉱㉲㉳㉴㉵㉶㉷㉸㉹㉺㉻㈀㈁㈂㈃㈄㈅㈆㈇㈈㈉㈊㈋㈌㈍㈎㈏㈐㈑㈒㈓㈔㈕㈖㈗㈘㈙㈚㈛
【ㅇ】ⓐⓑⓒⓓⓔⓕⓖⓗⓘⓙⓚⓛⓜⓝⓞⓟⓠⓡⓢⓣⓤⓥⓦⓧⓨⓩ@ABCDEFGHIJKLMN⒜⒝⒞⒟⒠⒡⒢⒣⒤⒥⒦⒧⒨⒩⒪⒫⒬⒭⒮⒯⒰⒱⒲⒳⒴⒵⑴⑵⑶⑷⑸⑹⑺⑻⑼⑽⑾⑿⒀⒁⒂
【ㅈ】0123456789@ABCDEFGHITUVWXYZ[\]
【ㅊ】½⅓⅔¼¾⅛⅜⅝⅞123⁴ⁿ₁₂₃₄
【ㅋ】ㄱㄲㄳㄴㄵㄶㄷㄸㄹㄺㄻㄼㄽㄾㄿㅀㅁㅂㅃㅄㅅㅆㅇㅈㅉㅊㅋㅌㅍㅎㅏㅐㅑㅒㅓㅔㅕㅖㅗㅘㅙㅚㅛㅜㅝㅞㅟㅠㅡㅢㅣ
【ㅌ】ㅥㅦㅧㅨㅩㅪㅫㅬㅭㅮㅯㅰㅱㅲㅳㅴㅵㅶㅷㅸㅹㅺㅻㅼㅽㅾㅿㆀㆁㆂㆃㆄㆅㆆㆇㆈㆉㆊㆋㆌㆍㆎ
【ㅍ】ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZabcdefghijklmnopqrstuvwxyz
【ㅎ】ΑΒΓΔΕΖΗΘΙΚΛΜΝΞΟΠΡΣΤΥΦΧΨΩαβγδεζηθικλμνξοπρστυφχψω
【ㄲ】ÆÐĦIJĿŁØŒÞŦŊæđðħŁıijĸŀłøœßþŧŋʼn
【ㄸ】ぁあぃいぅうぇえぉおかがきぎくぐけげこごさざしじすずせぜそぞただちぢっつづてでとどなにぬねのはばぱひびぴふぶぷへべぺほぼぽまみむめもゃやゅゆょよらりるれろゎわゐゑをん
【ㅃ】ァアィイゥウェエォオカガキギクグケゲコゴサザシジスズセゼソゾタダチヂッツヅテデトドナニヌネノハバパヒビピフブプヘベペホボポマミムメモャヤュユョヨラリルレロヮワヰヱヲンヴヵヶ
【ㅆ】АБВГДЕЁЖЗИЙКЛМНОПРСТУФХЦЧШЩЪЫЬЭЮЯабвгдеёжзийклмнопрстуфхцчшщъыыьэюя

※「ㅉ」には記号の割り付けがなく,漢字変換キーを押しても何も表示されません.
posted by kajiritate webmaster at 22:32| Comment(0) | 日記