2016年08月26日

[韓国語]来年アメリカで新しい検定試験が始まる?

 来年4月から,高校生を対象にした新しい韓国語の検定試験「NEWL」が実施されると,워싱턴중앙일보 (ワシントン中央日報)が25日付で伝えています.

내년 4월부터 새 한국어 능력시험 실시(워싱턴중앙일보)2016/08/25

 記事によると,この試験は「아메리칸 카운슬」(American Councils)が主管し,韓国語の体系的な知識を問うものというよりも,ラジオや地下鉄の案内などの聞き取りなど,実生活で接する韓国語の能力を測定するものだそうです.

 この記事は,ワシントン韓国教育院が実施した韓国語教師研修で,試験新設の趣旨や受験方法などについて主管団体のディレクターから説明があった,という内容で,試験自体に関する記事ではありません.ですので,より詳しい内容を知りたいと思い,記事にある「아메리칸 카운슬」のURLにアクセスしてみました.

 しかし,サイトは当然ながら英語で,私にはよくわかりません….ただ,「NEWL」が「NATIONAL EXAMS IN WORLD LANGUAGES」の略だということだけは分かりました.記事にはトップページのURLしかありませんでしたので「NEWL」がどこに載っているのかもわかりませんでしたが,サイト内検索で探し当てました.

About NEWL(American Councils)

 最初に探し当てたページは次のFAQのページです.この中にテストのサンプルへのリンクがあり,そこにもアクセスしてみたところ,韓国語以外にも,アラビア語,中国語,ロシア語の4つのサンプルが公開されていて,資料をダウンロードするのではなく,オンラインで問題を解く形式になっています.実際の試験もCBTで実施されるのかも知れません.その詳細もサイトに明記してあるはずですが,英語なので….韓国語のサンプル問題は,リーディングとリスニングの2種類が用意されています.サンプル試験は次のリンクです.

ACLASS Sample Exams

 英語が分からないので,この試験の正体については私には謎です….ハングル検定が朝鮮語・韓国語の試験でありながら日本で開発・実施されているのとおなじように,アメリカでも韓国語の検定試験を開発している,ということなのかも知れません.

 他にも,以前中国(中華人民共和国)で「OK-TEST」という韓国語の検定試験が実施されていたようですが,今はすでに無くなったようで,この試験に関する話題はもう数年目にしていません.中国のサイト「バイドゥ」(百度)の「百度百科」に,このテストに関する記事があるのを見つけましたが,当然ならが中国語なので,やはり私には詳しいことは分かりません….分かったのは,「OK-TEST」が「Occupation Korean Test」の略ということだけです.

OK-TEST(百度百科)

 「OK-TEST」の過去問と単語リストをダウンロードして保存していますが,一体どこからダウンロードしたのか…? 公式サイトももうなくなったのか,見つけられませんでした.
posted by kajiritate webmaster at 23:05| Comment(0) | 日記