2016年08月23日

[韓国]ポータルサイトが正書法検査器をパクった!?

 プサン大学の国語(韓国語)生涯教育サイト「우리말 배움터」(ウリマルペウムト,韓国語の学びの場).かなり昔からあるサイトで,もう10年は経っていると思います.私がこのサイトに初めてアクセスした頃とほぼ同じデザインを保っているようです.

우리말 배움터

 このサイトのトップページの右側には,上から「한국어 맞춤법/문법 검사기」(韓国語正書法/文法検査器),「로마자 변환기}(ローマ字変換器),「표준발음 변환기」(標準発音変換器),「외래어⇔한글표기 상호변환기」(外来語⇔ハングル表記相互変換器)の4つのツールが並んでいて,各ツールには当サイトからもリンクしています.

 私はよく正書法検査器と標準発音変換器を利用していましたが,間違った文章のチェックは韓国語のワープロソフトで代替するようになり,後者は単語の場合は표준국어대사전(標準国語大辞典)で確認することが増え,最近はすっかり足が遠のいていました.

 そんな正書法検査器について,自分が長年開発してきたものと似たものをポータルサイトの다음(DAUM)がサービスしていると,プサン大の教授が主張してもめていたようです.우리말 배움터の正書法検査器は,この教授が作成されたものかもしれません.

카카오, 표절 논란된 한글 맞춤법 검사기 API 공개 중단(조선경제)2016.08.18

 この記事によると,同じくポータルサイトの네이버(NAVER)の正書法検査器も,この教授によって問題提起されていますが,네이버の正書法検査器は自社が独自開発したもので,教授のものをリバースエンジニアリング(完成したソフトウェアなどを解析すること)して開発したものではない,と네이버側は言っているそうです.

 一方,다음の正書法検査器が教授の成果を流用しているのかは,この記事だけではよくわかりません….類似サービスとはいえそれぞれ独自に開発したものであれば,特許が取得されているなどの事情が無ければ特に問題はないはずですので,教授の主張にはちょっと首をかしげたくなります.

 다음も네이버も,それぞれ正書法検査器のAPI(他のサイトでも同様のサービスができるように,サービスの仕様や利用方法を公開すること)を無料で公開していて,다음は今回の混乱を収めるためにAPIの公開を取り止めましたが,네이버はどうするかまだ決めていないそうです.
posted by kajiritate webmaster at 21:00| Comment(0) | 日記