2016年08月02日

[韓国語]リウデジャネイル?? … 外来語表記法

 リオオリンピックの開幕日が3日後に迫っています.韓国選手団もすでに現地入りし,KBSは今週から,現地入りしたクルーがリオの様子を伝え始めました.聞くところによると,選手村に問題がありオーストラリアの選手団の入村が遅れたとか,聖火台がまだ出来ていないとか,開幕直前になってもまだまだ問題があるようですし,五輪以前にリオの治安を不安視する声も聞かれます.

 そんなリオ・デ・ジャネイロ.韓国語では“리우데자네이루(リウデジャネイル)”と表記し,日本でも“リオ”と略されるように,韓国でも単に“리우(リウ)”と呼ばれることも多いです.英文表記の“Rio de Janeiro”を素直に表記すれば,‘o’は‘オ’や‘ㅗ’になるのではないかと思うのですが,何故か韓国では‘ㅜ (ウ)’と表記しています.

 日本語版のWikipediaには,ブラジルポルトガル語発音として,カタカナで“ヒウ・ヂ・ジャネイル”と記されていますので,韓国語表記で‘ㅗ’ではなく‘ㅜ ’としたのは,発音を優先させたもののようです.“Rio de Janeiro”を“リオ・デ・ジャネイロ”とするのが自然だと感じる私の感じ方自体が,ローマ字読みに毒されているのかもしれません.

 このように,外来語表記の日韓でのずれも,韓国語学習者としては頭の痛いところです.それを痛感するのは,毎週日曜の夜7時過ぎに放送されるKBS1TVの「도전! 골든벨(挑戦! ゴールデンベル)」という,ある高校の生徒100人が最終問題までの生き残りをかけて50問のクイズに挑戦する番組を見ているときです.

 前回の番組では,今年6月に他界した“제3의 물결(第3の波)”の著者を問う問題が出ました.著者が“アルビン・トフラー”というのは知っていましたが,果たしてハングルではどう書くのか…? 実際にハングルで書いてみようとしましたが,結局間違えました.さらに前々回の番組では,イギリスのEU離脱の国民投票の“ブレグジット”,トロイの木馬で知られる都市名の“トロイ”,尊敬する作家の作品を模して創る“オマージュ”が出題され,これらも私はハングルでは書けませんでした….

 正解はそれぞれ,앨빈 토플러,브렉시트,트로이,오마주になります.韓国の4つの主な“어문 규정(語文規定)”には“외래어 표기법(外来語表記法)”が含まれていて,외래어 표기법ではさらに,各外国語別にハングルでどう表記するかを細かく規定しています.日本語のハングル表記はある程度勉強し,規定に沿って表記できる自信がありますが,その他の言語はの規定は私には複雑すぎて,それ以前に外国語そのものをよく知りませんので,もうお手上げです….

 なので,比較的よく使われる外来語はひとつひとつ覚えるしかないのですが,それもまた大変なことで,やっぱり私にはお手上げです….

【2016.08.06 追記】
 外来語,特に固有名詞のハングル表記を毎週公表している국립국어원が,サイトの資料室でリオオリンピックの競技場名と出場選手のハングル表記の資料(エクセル(xlsx)形式)を4日付で掲載しています.選手名のほうは‘1차(1次)’とありますので,今後も追加で公表されるものと思われます.

#한국어(韓国語)
#외래어표기법(外来語表記法)
posted by kajiritate webmaster at 22:35| Comment(0) | 日記