2016年08月31日

[PC]右Altキーが無いときは…?

 日本語windowsパソコンに韓国語IMEを追加して韓国語を入力するとき,ハングル字母のキー配列の他には「右Alt」がハングル/(半角)英数切替,「右Ctrl」が漢字(変換)の2つさえ押さえておけば,困ることはほとんどないと思います.つまり,韓国語キーボードでの「한/영」を「右Alt」,「한자」を「右Ctrl」で代替します.

 ノートパソコンなどでは,あまり使われないキーの一部が省略されていることがあり,特に「右Alt」は元からついていないことがよくあります.Altキーは左側にもありますので,それ1つで十分という判断から外しているのだと思います.しかし,「左Alt」は「한/영」キー代わりとしては機能しませんので,韓国語IMEを利用する場合に「右Alt」が無いのはとても不便です.

 そんなときに便利なのが,キー配列を任意に変更できるフリーソフトです.そのようなフリーソフトは探すとかなりの種類が存在するようですが,私は「ChengeKey」というソフトを利用しています.

ChengeKey(窓の杜)

 私はこの「ChengeKey」でノートパソコンの「アプリケーション」キー(縦長の長方形にマウスカーソルが描いてあるキー)を「右Alt」に変更しています.「アプリケーション」キーは私は全く使ったことがなくて無くても困りませんので,「アプリケーション」キーを「右Alt」キーに設定してとても便利に使っています.

 「ChengeKey」は,「レジストリ」というWindows内部の設定ファイルを書き換えることでキー配列の変更を行います.「レジストリ」の書き換えを伴いますので,実行ファイルをダブルクリックするのではなく,「ChgKey.exe」ファイルを右クリックして表示されるメニューから「管理者として実行」を選択して起動します.

 「ChengeKey」起動後は,表示されるキーボードの絵から変更前のキーを選び,その後すぐにもうひとつ表示されるキーボードの絵から変更後のキーを選びます.すると後で表示されたキーボードの絵がすぐ消えますので,元のキーボードの絵にあるメニューの「登録」をクリックします.

 「登録」のすぐ下に表示される「現在の設定内容で登録します」のメッセージをクリックすると,再起動を促すメッセージが表示され,設定は再起動後に反映されます.すぐには再起動したくないときは,一旦キャンセルして後で改めて再起動してください.

 …などとわざわざ使い方を説明する必要が無いほど,「ChengeKey」はとてもシンプルで分かりやすくできています.設定は驚くほど簡単ですので,「右Alt」が使えずに言語バーの「가」と「A」をいちいちクリックして切り替えているという方は,これでストレスから開放されるはずです.

 私はWindows7で利用していますが,ネットで検索すると「ChengeKey」はWindows8や8.1でも利用できるようですし,さらにWindows10でも利用できるようです.もちろん,「右Alt」だけでなく全てのキーを任意に変更できますので,韓国語IME以外にもキーの配置で困ったことがあれば,自分の使いやすいようにいくつでも変更することができます.

 逆に,韓国のWindowsパソコンに日本語IMEを追加して利用するときは,キーボードに「半角/全角」キーが無いのがとても不便だと思います.その場合,日本語キーボードの「半角/全角」キーと同じ位置にある記号の「‘」(バッククォート)キーを「Alt」キーと同時に押すと,「半角/全角」と同じ働きをするようです.
posted by kajiritate webmaster at 23:13| Comment(0) | 日記

2016年08月30日

[韓国]テグ(大邱)の秘密?

 今年は特に厳しかった夏の暑さも,ようやく過ぎ去ろうとしています.韓国では天気予報,中でも暑さのピークが過ぎる時期が当たらずに何度も先延ばしされ,韓国の気象庁は世論の大きな非難の的になりました.そんな韓国の暑さも次第におさまって行きそうです.

 韓国で暑さが厳しい地方といえば,南東部のキョンサン(慶尚)道にある大都市「テグ(大邱)」が挙げられます.人口は約250万で,ソウル,プサンに続く韓国第3の都市でしたが,現在はインチョンに抜かれて4位になっています.盆地ですので,夏の暑さはもちろんですが冬の寒さもまた厳しく,テグは昔からリンゴの名産地としても知られています.

 テグの夏の暑さから,数年前に「대프리카」(テプリカ)という신조어(新造語)まで登場しました.「대구」の“대”と「아프리카」(アフリカ)の後ろの3文字を組み合わせてできたことばで,テグの暑さはアフリカ並みという意味のようです.外来語のfの発音をハングルではㅍ(p)で表記しますので,「テフリカ」ではなく「テ“プ”リカ」と呼ばれています.

 ただ,今年の夏は韓国各地がとても暑く,テグだけが特別に暑かったわけではありませんでしたので,「대프리카」ということばに接する機会もやや少なかったように思います.

 テグの方言の特徴としては,濃音「ㅆ」の発音がない(うまく発音できない)という点があります.テグ出身の人は,쌀(ッサル,米)や싸움(ッサウム,けんか)などの「ㅆ」を,“살”,“사움”のように平音の「ㅅ」で発音するため,他の地方の人と話すときにちょっと通じにくいことがあるようです.

 韓国では,外来語の「s」を[싸인](sign),[써비쓰](service)のように,平音の「ㅅ」ではなく濃音の「ㅆ」で発音することが多いのですが,テグの方言はこれとはちょうど逆の現象で興味深いです.外来語表記法では,signは「사인」,serviceは「서비스」と平音の「ㅅ」で表記し,表記どおりに平音の「ㅅ」で発音するのが正しいとされています.
posted by kajiritate webmaster at 21:27| Comment(0) | 日記

2016年08月29日

[韓国語学習]「ㅡ」と「ㅜ」,「ㅓ」と「ㅗ」の区別

 韓国語には日本語母語話者には区別しづらい発音があります.例えば,単母音の「ㅡ」と「ㅜ」はどちらも同じ「ウ」としか聞き取れませんし,「ㅓ」と「ㅗ」も「オ」としか聞こえません.聞き取りが難しいのは一旦保留して,自分が発音するときはどうすればいいか….発音時に違いを意識できればいいのですが,聞き取りで区別できなければ,自分が正しい発音をしているかどうかも判断できません….

 次の動画は,外国人の韓国語学習者に韓国語を教える韓国語教師向けの動画ですが,棒付きキャンディーを利用して「ㅡ」と「ㅜ」の区別を意識させる方法が紹介されています.


●[외국어로서의 한국어 발음 #1] 한국어 모음의 발음교육(Edu HanKyorehtv)

 「ㅡ」と「ㅜ」はどちらも後舌高母音ですが,キャンディーをくわえたまま2つを発音してみると,平唇母音の「ㅡ」は口から棒が長く出て,円唇母音の「ㅜ」は棒が口の中に引っ込むことで,発音の違いを視覚的に意識することができます.

 原理的には,この方法が「ㅓ」と「ㅗ」の違いを意識するのにも使えるはずなのですが,中母音の「ㅓ」と「ㅗ」は,高母音の「ㅡ」と「ㅜ」に比べて口の開きがやや大きくなるため,円唇母音の「ㅗ」の発音には問題ないでしょうが,平唇母音の「ㅓ」を発音するときには,口の中のキャンディーが支えを失って口の外に落ちてしまいそうです.

 ユーチューブの延世語学堂のチャンネルで「ㅓ」と「ㅗ」の違いを学べる動画を見つけたのですが,説明は発音時の唇の形などを紹介するだけで簡単に済ませ,あとは実際の発音例を見せるという内容になっています.


●한국어강의 77회 - 어/오 발음연습(연세대학교 한국어학당)

 「ㅓ」と「ㅗ」の発音も,棒付きキャンディーを使った方法のような違いを意識しやすい方法があるといいのですが,延世語学堂でも動画のようなごく一般的な方法で教えているのなら,これといった秘策は無く地道にいくしかないのかもしれません.私はいまだに,発音でも聞き取りでもこれらの区別があいまいです….
posted by kajiritate webmaster at 22:49| Comment(0) | 日記