2016年07月24日

[韓国語]多少は韓国に詳しくなれる(?)単語小ネタ集

 辞書で引いたりネット検索すれば,知らない単語があってもほとんどの場合はその意味を知ることができますが,その単語にある背景をある程度把握しておかないとよく理解できず,軽いモヤモヤ感あが続くことがあります.今回は私がこれまで出くわしたそのような韓国語の単語について触れてみます.

●쇼쇼쇼(ショーショーショー)

 “쇼”は“show”のことで,歌あり寸劇ありお笑いありの面白いコーナーで構成されたテレビ番組のことを“쇼프로(ショープロ)”といいます.ここでの“프로(プロ)”の意味はプログラムの略,日本でいう“番組”のことです.今では芸能人がいろんなことに挑戦する“예능프로(芸能プロ)”が人気を得て,昔ながらの쇼프로は見られないようですが,예능프로を含むバラエティー番組先般を쇼프로ということもあるようです.

 そんな쇼프로ですが,なぜか쇼を3つ重ねて“쇼쇼쇼”と呼ばれるのをたまに耳にすることがあり,一体何のことだろうとずっと疑問に思っていました.結局“쇼쇼쇼”というのは,昔あったTBC(동양방송,東洋放送)という放送局のテレビ番組の名前だったことがわかり,それが人気番組だったことから“쇼쇼쇼”が쇼프로を指す由来になったようです.
 TBCはチョン・ドゥファン政権下で断行されたメディアの統廃合で廃局になり,KBSに組み入れられました.現在のKBS2TVは,TBCテレビが元になっています.

●아이스께끼/아이스케키(アイスケキ)

 “スカートめくり”をするとき,なぜか韓国では“아이스께끼”と言いながらスカートをめくるようで,そこから“スカートめくり”のこと自体も“아이스께끼”と言うようになったようです.韓国では夏場に“아이스케키”という名前のアイスキャンディーが売られていて,それが語源のようですが,なぜ“スカートめくり”と“아이스께끼”が結びついたのは,私にはよくわかりません….

 韓国でも日本と同じように,スーパーやコンビニでいろんなアイスクリームが売られていますので,“아이스케키”はもうレトロの域で,今では実物にお目にかかる機会はまずないと思います.写真などで見た感じでは,円柱状のアイスキャンディー本体に持ち手の木の棒が挿してあるもので,外見上は特にこれといった特徴はないごくふつうのアイスキャンディーですが,表面が赤,青,黄色などに着色してあります.色によって味が違うかなど,こちらも詳しいことは私には分かりません….

●통금시간(トングムシガン,通禁時間)

 今では日本語の“門限”と同じ意味で使われていますが,元は戒厳令下で一般人の夜間の往来が禁止されていた“통금”,つまり,通行禁止から来た言葉です.夜中は外に出られないため,日付が変わる前に帰宅するか,帰宅できない場合は一時的にどこかに身を寄せて,外に出ないようにしなければなりませんでした.

 今では信じられない통금ですが,ずっと軍事政権が続いていた韓国では治安維持のため,こちらもチョン・ドゥファン大統領の頃まで実施されていました.トンデムンなど,昼間より深夜のほうが賑わっている場所もある韓国.통금があった当時はどんなようすだったのか…? 今では重要な観光地になっていますが,服飾産業のメッカとしては歴史それ以上で,仕入れに訪れる人は昔から多かったはずですが…?? こちらも私には謎です.


#한국어(韓国語)
posted by kajiritate webmaster at 22:28| Comment(0) | 日記