2016年07月16日

[韓国]미신(迷信)

 真偽のほどは怪しくてまさしくマユツバものでも,多くの人に知られている迷信が韓国にもあります.私が聞いたことがあるのは,人の名前を赤で書くとその人は死ぬ,というのと,扇風機をつけたまま寝ると死ぬ,というとても不吉な2つです.私が2つしか覚えていないのは,迷信などほとんど気にしないタイプなのと,どちらも日本でも聞いた覚えがあるよう思えて,この2つに特別な印象を受けたからだと思います.

 グーグルで“미신”をキーワードに検索すると上位のほうに表示されるページに,留学情報サイト“hotcourses.kr”の次のページがあります.英語なので私にはよく分かりませんが,グラフィカルで目を引きます.

한국인들이 믿는 미신 10가지(hotcourses.kr)

 4(四)の漢字音が‘사(サ)’で‘死’のそれと同じなので縁起が悪い,というのは,発音こそ違いますがこちらも日本と同じです.このページに描かれているように,韓国ではエレベーターの4階のボタンが‘F’になっていることもありますが,そのようなエレベーターは多くなくほとんどは‘4’だというのが,私の実感です.

 韓国では以前,学校などで“시체놀이(死体遊び)”が流行ったことがあります.みんなでただ死人のように教室などに横たわり,その場に来た人たちを驚かせたり,その様子の写真を公開する,という趣味の悪い遊びです.‘死体’ならハングルでの表記は‘사체’のはずですが,本来の漢字は‘屍体’で,日本では前にこのブログでも少し触れた「同音の漢字による書きかえ」により‘死体’という漢字表記になりました.

 つまり,‘屍体’の韓国での漢字音が“시체”というわけです.‘四’と‘死’の漢字音は,日韓で異なるもののそれぞれの言語では同じ,という偶然の一致を見せましたが,‘屍’と‘死’は日本では同じ漢字音でも韓国では異なり,さらに日本の「同音の漢字による書きかえ」により日韓の漢字音の対応関係がこんがらがってしまいました.

 不吉な話が続きましたので,気を取り直して縁起のよい迷信の話も.豚は韓国では金運を象徴する動物です.韓国では干支の“いのしし年”は“돼지띠(豚年)”といい,中でも十干十二支の“丁亥年”は60年に一度の“황금돼지띠(黄金の豚年)”と呼ばれています.この年に生まれた人は金運に恵まれるということで,“丁亥年”だった2007年は韓国ではちょっとしたベビーブームに沸いていました.

 豚が金運に通じると言われるのも,日本でも聞く話です.日本でも豚の貯金箱は,貯金箱の形としてよくあると思います.韓国でも貯金箱といえば豚形で,韓国でも店舗展開している百円ショップの“다이소(ダイソー)”などで安く売られている小型のものから,個人経営の雑貨店の軒先にぶらさげられた大型のものまで,さまざまなサイズのものを実際に見かけました.

 日本では金運を呼ぶ夢は豚ではなく蛇という話も聞きますが,韓国で豚だけでなく蛇も金運の象徴なのかどうかはよく分かりません….夜に口笛など笛を吹くと出てくるのも蛇だと日本では言われているはずですが,上のページによると,韓国では“귀신(おばけ)”が出るといわれているようです.


#한국(韓国)
#미신(迷信)
posted by kajiritate webmaster at 22:57| Comment(0) | 日記