2016年07月12日

[韓国]地下鉄のホームドアの詩

 ソウルの地下鉄には,ほとんどの駅のホームに転落防止用の스크린도어(スクリーンドア)が設置されています.日本ではホームドアと呼ばれることが多いようですが,韓国ではスクリーンドアと呼ばれています.日本のホームドアは鉄道会社によってさまざまで,1メートルちょっとほどの高さしかないものもありますが,ソウルの地下鉄のスクリーンドアはホームの天井まで届く高さのものばかりです.

 駅によっては,このスクリーンドアに詩が書いてあることがあります.電車の待ち時間に退屈せず楽しんでもらおうという趣向のようです.詩なのでそれほど長文ではないのですが,全部読み終わる前に電車が来てしまったり,意味が取れずに悩みこんだりして,私にとっては必ずしも楽しめるものではありませんでしたが,韓国語ネイディブの方々はそういったこともなく楽しめるのでしょう.

 詩の表記使われているのは,従来の太めの字体に代わって駅名表記などにも使われている서울남산체(ソウルナムサン(南山)体)という字体のようで,たとえ意味がわからなくても,ハングルが並びを一種のデザインとして見るのも楽しいと思います.このフォントは서울한강체(ソウルハンガン(漢江)体)とともにソウル市のサイトで公開されていて,誰でも無料で自由に利用できます.

 これまでは,スクリーンドアにどのような詩が採用されるのかの基準があまり明確ではなかったようで,今後その点を改善して,これまでは現役の詩人と市民の作品だけを採用していたものを,これからは김소월(キム・ソウォル,金素月)などの故人となった有名詩人の詩も掲載されるようになるとのニュースを,きのう11日付けで연합뉴스(聯合ニュース)が伝えています.

김소월・김춘수・윤동주 詩 지하철 스크린도어서 만난다(연합뉴스)2016.7.11

 この記事の冒頭で,김춘수(キム・チュンス,金春洙)の 『꽃(コッ,花)』を引用しています.記事にはその他,日本でも一部の根強いファンを持つ윤동주(ユン・ドンジュ,尹東柱)の『서시(ソシ,序詩)』や,김소월の『진달래꽃(チンダルレッコッ,つつじの花)』が挙がっています.どれも韓国でよく知られたものばかりですが,今までスクリーンドアに掲載されてなかったとすると不思議に思えます.

 今回の見直しが反映されるのは,早くて今年の9月だそうです.


#한국(韓国)
#스크린도어(ホームドア)
#시(詩)
posted by kajiritate webmaster at 22:00| Comment(0) | 日記