2016年07月07日

[韓国]칠석(七夕)

 きょうは7月7日,言わずと知れた七夕です.韓国では“七夕”という漢字をそのまま韓国語読みして“칠석(チルソク)”といいますが,きょうがその칠석ではありません.お正月をはじめ,今でも旧暦で行う行事が多い韓国では,칠석も旧暦で行います.なので칠석も新暦では毎年日付けが変わり,今年の칠석は8月9日になります.日本ではまだ梅雨のまっ只中で天の川が見えるか毎年気をもみますが,韓国では真夏の行事になります.

 織姫と彦星がこの日,年に一度だけ会えるという話は韓国でも同じです.日本では短冊に願いを書いて笹に飾りつけたり,町によっては大きなお祭りをしたりしますが,韓国の칠석では何をするかというと…よく分かりません….七夕の日に韓国にいたことも1度くらいはあったと思いますが,その時どうだったか全く思い出せません….

 日本ですと,織姫と彦星が天の川の両端から渡って,長い川の中間あたりでふたりが出会う,というイメージだと思います.“은하수(ウンハス,銀河水)”または固有語で“미리내(ミリネ)”と呼ばれる天の川が出てくるのは韓国も同じなのですが,韓国ではさらに“오작교(オジャッキョ,烏鵲橋)”という橋が登場します.

 오작교の오は烏(カラス)で,작は鵲(カササギ)です.ふたりの再会のため,無数のカラスとカササギが集まって架け橋となるイメージのようです.カササギは韓国でよく見られるなじみのある鳥で,朝カササギの鳴き声がするとその日は嬉しいお客様が来ると言われるほど,韓国では길조(キルチョ[吉鳥],幸運を呼ぶ鳥)とされています.一方,カラスは不吉な鳥だと感じる人が韓国でも多いようです.

 ただし,古来韓国ではカラスも길조だったようで,不吉な鳥というイメージが定着したのは近現代のようです.韓国には足が3本あるという伝説のカラス,その名もそのまんまの“삼족오(サムジョゴ,三足烏)”が太陽に住んでいていると信じられていて,光の象徴といわれていたようです.ハングル検定の公式サイトでは以前,カラフルな鳥の絵を見ることができました.恐らくそれも삼족오をデザインしたものではないかと思います.1級合格者がもらえる“最高峰カード”の鳥もそうだと思うのですが,羽とも足ともつかないものが5本描かれていて真偽のほどは分かりません….

 韓国ではこのところあいにくの天気が続いているようですが,みなさんの住む町は如何でしょうか.きれいな天の川が見られるといいですね.


#한국(韓国)
#칠석(七夕)
#오작교(オジャッキョ,烏鵲橋)
#삼족오(サムジョゴ,三足烏)
posted by kajiritate webmaster at 21:00| Comment(0) | 日記