2016年06月24日

[韓国]在日コリアンの웹툰作家・노란구미氏

 韓国では웹툰(ウェブトゥーン,ウェブマンガ)というネット上の連載マンガが盛んで,大手ポータルサイトのNAVERやDAUMでも人気のコンテンツになっているようです.웹툰が単行本化されることはもちろん,今ではテレビドラマ化されることも珍しいことではなくなりました.人気漫画があふれる群雄割拠の世界で,恐らく唯一の在日コリアンの作家・노란구미(ノラングミ)氏について書こうと思います.

 노란구미の‘노란〜’は‘黄色い〜’という意味です,彼女初のDAUM連載웹툰「돈까스취업(トンカツ就業)」は,黄色い服がトレードマークの主人公が日本の大手玩具メーカーに志願して1次,2次と選考をパスしていく過程を描いた物語で,作者の体験が元になっているようです.‘구미’は作者の本名からとったようです.

 現時点での노란구미の代表作は,NAVERに連載されていた「세개의 시간(3つの時間)」といえると思います.かなりの大作で第3シリーズまであり,私は最初のほうしか読んでいません….「돈까스취업」が楽しく読める内容だったのに比べて,「세개의 시간」はマンガとしてはまじめな内容を扱っています.恐らく彼女が韓国で美術を専攻していたときの大学生活を元にした物語のようです.韓国で過ごした経験がある日本の方には共感できる部分が多いと思います.

 現在はNAVERで「은주의 방 2(ウンジュの部屋2)」が連載中で,過去に連載されていたものも全てNAVERやDAUMで読むことができます.私はギャグマンガのようなただ素直に笑えるものが好きで,それに近いものとしては「고양이희나(ネコのヒナ)」があります.

DAUM 웹툰 노란구미
NAVER 만화 노란구미


#한국(韓国)
#웹툰(ウェブトゥーン,ウェブマンガ)
posted by kajiritate webmaster at 22:46| Comment(0) | 日記