2016年06月16日

[韓国語]日本語由来のことば

 KBSのミニ番組「안녕! 우리말」.第12回を迎えた今週の放送は,민아をテレビ番組に出演させたい局側と,それを簡単にはOKしない민아のマネージャーとが繰り広げる内容で,日本語から定着したことばについて取り上げられています.今回の放送も,ユーチューブで視聴できます.


●안녕! 우리말 12회 섭외 전쟁 편(YouTube)

 番組内に出てくる日本語からのことばと,それらの韓国語のことばをまとめると次の通りです.

・노가다(ノガダ,日本語の「土方(どかた)」から)→막일(マンニル),막노동(マンノドン)
・오케바리(オケバリ)→좋다(チョタ,何かに同意するときの「いいよ,分かった,OK」といった意味)
・간지(カンジ,日本語の「感じ」から)→느낌(ヌッキム,「感じ・感触・雰囲気」といった意味)
・쇼부(ショブ,日本語の「勝負(しょうぶ)」から)→승부(スンブ,漢字「勝負」の韓国語読み)

 막일や막노동は,俗に言う“やっつけ仕事”というのが一番しっくり来ると個人的には思いますが,ここでは,ただきついだけであまり意味の無い肉体労働,のような意味で使われているように思います.それから,日本語には“오케바리”などということばはありませんが,韓国NAVERの「지식in(知識in)」というQ&Aコミュニティーによると日本語の“お決まり”から来たという説があるようです.

 このようなことばわりと広く使われているようですが,これに相当する韓国語がある場合はそちらに言い換えるようにしようという呼びかけをテレビやラジオでもたまに耳にします.中には,가방(カバン)とか구두(クドゥ,日本語の「靴」から),냄비(ネンビ,日本語の「鍋」から)のようにすっかり韓国語に取り入れられいて,言い換えるにもそれに当たる純粋な韓国語が見当たらないものもあります.そのような単語は辞書に掲載されています.

 しかし,今回の放送で取り上げられている日本語由来の俗語は,辞書には掲載されていません.韓国語版のウィクショナリー「위키낱말사전」に,そのようなことばをまとめたページがありました.ただ,このページにある俗語には,それほど使われてはいないものも多数含まれているかもしれません.

부록:일본어 투 낱말(위키낱말사전)

 韓国にやや長く滞在する機会があれば,日本語の単語が(ほぼ)そのまま使われているこのようなことばに接する機会があると思います.私は,スリッパなどと共に使われる簡単な履き物の“ぞうり(草履)”が,韓国でも“조리(ジョリ)”と呼ばれているのを偶然知って驚いたことがあります.


#한국어(韓国語)
#일본어투(日本語風)
posted by kajiritate webmaster at 23:09| Comment(0) | 日記