2016年06月07日

[まぎらわしい韓国語]細かすぎて違いが分からないもの

 私の韓国語は独学がメインで,疑問点があっても周囲には質問できる人がいないため,分からないまま放置していてることがあります.しばらくすると忘れてしまうのですが,たまにふと思い出すこともあり,以降はその繰り返しです….今回はそんな疑問点を

○-ㅂ니다”・“-ㅂ니까”と“-ㅂ디다”・“-ㅂ디까”

 “-ㅂ니다”と“-ㅂ니까”は,勉強を始めてすぐに出てくる합니다体の平叙形と疑問形の語尾ですが,‘니’の初声が‘ㄴ’ではなく‘ㄷ’になっている形があります.辞書を引くと“-ㅂ디다”と“-ㅂ디까”のほうがやや丁寧のようですが,“-ㅂ니다”と“-ㅂ니까”とどのような違いがあるのかよく分かりません….

 ドラマでは,やや年配の方のせりふでたまに聞くように思えるのですが,違和感を感じつつも,子音ひとつの差なので聞き間違いかもしれないと瞬間的には思います.その後少し経ってから,そういえば“-ㅂ디다”や“-ㅂ디까”っていうのがあったなあと思い直して,そのシーンを思い出しながら考えてみても,意味の違いがはっきりせず悩んでしまいます.

○쫓다・좇다

 何かを追いかけたり,追い払ったり,といった意味で使う“쫓다”ですが,それと似た形で,初声が濃音の‘ㅉ’ではなく平音の‘ㅈ’になっている“좇다”という単語もあります.意味も似通っていますし,発音の差に気づいてはっとしたことが一度もありませんので,これまで聞いたことがあったとしても,私には全く違いが分からずやり過ごしていることが確実です.

 NAVER국어사전の「우리말 바로 쓰기」の記事によると,“좇다”は追いかける対象がより抽象的のようです.その点で,“쫓다”と“좇다”の違いは,命令形の語尾の“-아/어라”と“-(으)라”の違いと似ているのかもしれません.ただ,「우리말 바로 쓰기」で取り上げられているのは,ネイティブでも違いが分かりづらいからでしょうから,外国人が分からなくても仕方ないと思います.


○이제・인제

 韓国人には,話の途中に頻繁に“인제”を挟むのが口癖の方がいます.これは“이제”の口語形で,“이제”と“인제”は結局全く同じものだとずっと思っていました.ところがあるとき“이제”と“인제”は違う単語だというのを本で見かけて,辞書を引いてみるとそれぞれ掲載されていました….しかし,こちらも意味は非常に似ている,というか,辞書の語釈を読む限りではほとんど同じ意味のようです.

 これについても「우리말 바로 쓰기」に記事があり,それによると意味に微妙な違いがあるようです.ただ,口癖で使われる場合は,話がちょっと出てこないときにつなぎで使う“えーっと”などと同じで,特に意味はないようです.


#한국어(韓国語)
posted by kajiritate webmaster at 22:00| Comment(0) | 日記