2016年06月03日

[PC]昔のハングルワープロソフト

 現在ではほぼワード一色の日本語ワープロソフト.まだウインドウズが登場する前の MS-DOS の頃には,一太郎の他に p1.exe(ピーワンエグゼ)というソフトがあり,私が知らないだけで他にもいろいろなソフトがあったのかもしれません.英語のワープロソフトには Word Perfect というのがあり,ワード(MS Word)が出る前まではそれが広く使われていたようです.

 韓国語のワープロソフトは한글과컴퓨터(ハングルとコンピュータ,ハンコム)社の한글(ハングル,Hanword)ばかりで.ワードに圧倒されてしまった日本とは対照的に国産ソフトが大健闘しています.そんな韓国にも,以前は他にワープロソフトがあったことをおぼろげながら覚えています.

 その名も“훈민정음(訓民正音)”といい,삼성(サムスン)の製品でした.MS-DOS 上で動作していたのか,それともウィンドウズ用のソフトだったのか記憶があいまいでしたが,나무위키の記事を見ると,最初からウィンドウズ用に開発された韓国初のワープロソフトとのことです.

 ローマ字でのキー入力にも対応していたことは覚えていますが,当時は2ボル式と.いった入力方式の種類はもちろん,韓国語自体さっぱり分かりませんでしたので,文字通りちょっと触ってみただけで,韓国語のワープロってこんな感じなんだ…と思った程度でした.나무위키の記事によると,現在も“정음Global”という名前で存在しているそうです.

 他にも,“현필(賢筆)”というワープロソフトもあったと記憶しています,こちらは韓国ではなく,北朝鮮製だったようです.こちらも使用時の記憶ははっきりせず,ただ,全角の空白の入力すると点線の四角(□)が表示されていたように思います.日本以外の国で広く使われていて,のちに compaq 社などの製品が国内でも販売されるようになった DOS-V といわれるパソコンではなく,NECの PC-98 シリーズで動作していたように思いますが,それも記憶があいまいです….

 MS-DOS の頃は,日本のパソコンではハングルを扱えないのが当然でした.それでも何とかハングルを表示させようと,発音をローマ字で入力すると表示可能な文字や記号を駆使して擬似的にハングルを表示する“笹本ハングル生成器”というフリーソフトがありました.今ではさまざまな言語の文字を表示できるのが当たり前になり,とても便利になりましたが,その一方で,不便な環境でもハングル表示させようとした情熱や努力が忘れられていくのには,切ないものを感じます


#컴퓨터(コンピューター,パソコン)
#웨드프로세서(ワードプロセッサー)
posted by kajiritate webmaster at 23:26| Comment(0) | 日記