2016年06月18日

[韓国語]부산사투리(プサン方言)レッスンの動画

 韓国に行くとき主に飛行機を利用される方は,キンポやインチョンなどの首都圏の空港を利用して入国なさる方が多いと思いますが,博多や下関から船で韓国に行くことが多い方は,韓国といえばソウルよりもプサンのほうが馴染みがあると思います.そんなプサンの魅力のひとつは独特の사투리(サトゥリ,方言・なまり)があることだと思います.どの外国語でもそうでしょうが,韓国語学習者は標準語だけを学んでいて方言まではよくわからない…というのは,私だけではないと思います.

 特に부산사투리は억양(オギャン,抑揚・アクセント)に大きな特徴があって,何を話しているのか理解できなくても聞いているだけで何だか愉快な気分にさせてくれます.ふつう,テレビやラジオにはあまり方言は出てきませんので,부산사투리を聞きたいと思えば,プサン出身という設定の人物が登場するドラマを探したり,「친구(チング)」や「국제시장(ククチェシジャン,国際市場で逢いましょう)」のようなプサンが舞台の映画を見たりすることになりますが,ネット上には부산사투리に関する動画も多く,それなら簡単に視聴できます.

 そんな動画が,何とプサン市公式ユーチューブチャンネルにもあります.「부산사투리 원포인트 레슨(プサン方言ワンポイントレッスン)」という動画で,今はまだ,昨年10月に初回,第二弾が今年3月に公開されているだけですが,2回目の動画の最後で今後も続くと言っていますので,今後続編が公開されるのかもしれません.


●부산사투리 원포인트 레슨 (사투리 강좌, 사투리 인터넷강의, 사투리 인강, 사투리 강의, 부산사투리 배우기)

 プサン市公式チャンネルでは,以前にも사투리を取り上げたシリーズを制作していて,その動画も公開されています.このチャンネル内を「사투리」で検索した結果をみると,上で挙げた2つの他にもいくつかの動画がヒットします.

 こちらはMBCで以前放送されていたお笑い番組「코미디에 빠지다(コメディーにはまる)」でやっていた「니캉내캉(ニカンネカン,君と俺と)」というコーナーですが,毎回부산사투리のカップルがお店に現れて店員さんを困らせる,という設定で,부산사투리の魅力あふれる(?)楽しいコーナーですのでご紹介しておきます.


#한국어(韓国語)
#부산사투리(プサン方言,プサンなまり)
posted by kajiritate webmaster at 23:15| Comment(0) | 日記

2016年06月17日

[韓国]高麗サイバー大の「Korean Culture Series & Quick Korean」

 ネット上で韓国語を学べる고려사이버대학교(高麗サイバー大学)のサイト「바른 한국어(正しい韓国語)」.“Quick Korean”なら“바른〜”ではなく“빠른〜”では…?という疑問はありますがそれはともかく,現地の語学堂に行かなくても韓国の一流大学の語学学校の韓国語教育を無料で受けることができるというのは大変有難いことです.サイトに登録してログインすればより体系的に勉強できるようですが,単に動画を視聴するだけならユーチューブでも可能です.現在は1級から4級まで学べるようになっています.

 もとは「바른 한국어」の専用サイトだったはずのこちらのサイトですが,久しぶりにアクセスしてみると,「Korean Culture Series」という韓国について英語で紹介するシリーズが数ヶ月前から始まっていました.動画の冒頭に示されるこのシリーズの各回のタイトルを見ると,全14回で構成されていて,このシリーズの紹介を含む15本の動画がすでにユーチューブで公開されています


●Korean Culture Series(YouTube)

 “Culture”とはありますが,韓流や家族制度などの文化だけに留まらず,韓国の政治,教育制度,歴史など,毎回さまざまなテーマを取り上げて韓国社会への総合的な理解を深められるようになっているようです.英語なので私にはさっぱり分かりませんが,ユーチューブで公開されている動画には韓国語の字幕が用意されていて,画面下の四角い“CC”印をクリックしてそれを表示させたり,歯車の印をクリックすると表示される設定で自動翻訳機能を利用して,字幕を日本語などに翻訳して表示させたりもできます.

 また,こちらこそが真のQuick Koreanかも?と思わせる「3분 한국어 강의(3分韓国語講義)」というシリーズも公開されています.全30回の構成で,挨拶,道を尋ねるときや買い物など,韓国内で使えそうなことばをシチュエーション別に短時間の動画で学べるようになっています.


●‘바른 한국어’ 3분 한국어(YouTube)

 特に,将来韓国に行って韓国語を学んだり,現地で生活することを目標にされている方は,このような動画をなるべくたくさん見てイメージトレーニングしたり背景知識を豊富にしておくと,現地に行って何かに直面するたびに戸惑うことを多少は減らせるかもしれません.


#한국(韓国)
#한국어(韓国語)
#동영상(動画)
posted by kajiritate webmaster at 23:17| Comment(0) | 日記

2016年06月16日

[韓国語]日本語由来のことば

 KBSのミニ番組「안녕! 우리말」.第12回を迎えた今週の放送は,민아をテレビ番組に出演させたい局側と,それを簡単にはOKしない민아のマネージャーとが繰り広げる内容で,日本語から定着したことばについて取り上げられています.今回の放送も,ユーチューブで視聴できます.


●안녕! 우리말 12회 섭외 전쟁 편(YouTube)

 番組内に出てくる日本語からのことばと,それらの韓国語のことばをまとめると次の通りです.

・노가다(ノガダ,日本語の「土方(どかた)」から)→막일(マンニル),막노동(マンノドン)
・오케바리(オケバリ)→좋다(チョタ,何かに同意するときの「いいよ,分かった,OK」といった意味)
・간지(カンジ,日本語の「感じ」から)→느낌(ヌッキム,「感じ・感触・雰囲気」といった意味)
・쇼부(ショブ,日本語の「勝負(しょうぶ)」から)→승부(スンブ,漢字「勝負」の韓国語読み)

 막일や막노동は,俗に言う“やっつけ仕事”というのが一番しっくり来ると個人的には思いますが,ここでは,ただきついだけであまり意味の無い肉体労働,のような意味で使われているように思います.それから,日本語には“오케바리”などということばはありませんが,韓国NAVERの「지식in(知識in)」というQ&Aコミュニティーによると日本語の“お決まり”から来たという説があるようです.

 このようなことばわりと広く使われているようですが,これに相当する韓国語がある場合はそちらに言い換えるようにしようという呼びかけをテレビやラジオでもたまに耳にします.中には,가방(カバン)とか구두(クドゥ,日本語の「靴」から),냄비(ネンビ,日本語の「鍋」から)のようにすっかり韓国語に取り入れられいて,言い換えるにもそれに当たる純粋な韓国語が見当たらないものもあります.そのような単語は辞書に掲載されています.

 しかし,今回の放送で取り上げられている日本語由来の俗語は,辞書には掲載されていません.韓国語版のウィクショナリー「위키낱말사전」に,そのようなことばをまとめたページがありました.ただ,このページにある俗語には,それほど使われてはいないものも多数含まれているかもしれません.

부록:일본어 투 낱말(위키낱말사전)

 韓国にやや長く滞在する機会があれば,日本語の単語が(ほぼ)そのまま使われているこのようなことばに接する機会があると思います.私は,スリッパなどと共に使われる簡単な履き物の“ぞうり(草履)”が,韓国でも“조리(ジョリ)”と呼ばれているのを偶然知って驚いたことがあります.


#한국어(韓国語)
#일본어투(日本語風)
posted by kajiritate webmaster at 23:09| Comment(0) | 日記