2016年05月23日

[韓国]一人暮らしは難しい?

 일인가구(一人家口)と言われる一人暮らしの世帯が韓国でも増えています.韓国の場合,スーパーで売っている商品が一人暮らしには大きすぎる・多すぎるものが多く,食材を買って家で料理して食べようと思っても,一人暮らし向けの小さいサイズの商品を見つけるのは難しいのが現状です.

 きのう22日のKBSニュースでは,市場調査によりひとりや少人数で食べるのに適した商品が登場しているようすを伝えています.このニュースで最初に紹介されているスイカはサイズを小さくした例ですが,その他の商品は.量が少ないとの判断からむしろ増量されていました.


●키우고 줄이고…소비자 맞춤형 제품 ‘인기몰이’(KBS News)

 中でも,ヤクルトの容器を大きくして上下をひっくり返したような形をした「얼려먹는 야쿠르트(凍らせて食べるヤクルト)」には目を引かれます.ヤクルトはもう何十年も前に韓国に進出していて,小さなプラスチック容器のヤクルトは韓国でもすっかりお馴染みです.얼려먹는 야쿠르트は韓国で1日20万個売れるヒット商品になっているとのことですが,もし日本で発売されたらどのくらい売れるか気になります.

 即席めんの増量は,エイプリルフールの嘘が現実化したもののようです.このニュースで取り上げられている商品は,ふつうのラーメンとは違って汁気がなく,麺にスープ(ソース?)を絡めて食べるタイプのものですので,既存品は出来上がりが少なく見えて物足りなかったのかもしれません.

 これまでは200ミリリットルの小さな紙パックが主流だった가공우유(加工乳)は,ビックデータ分析の結果1リットルの商品を開発したコンビニが紹介されています.韓国ではふつうの白い牛乳の他,チョコ味やコーヒー味,いちご味の3種類の小さな紙パックの加工乳がお店に並んでいるのをよく見かけます.その場で飲み干すには,200ミリリットルぐらいがちょうどいいのかもしれませんが,自宅でもっとたくさん飲みたいという方が多かったのかもしれません.


#한국(韓国)
posted by kajiritate webmaster at 22:46| Comment(0) | 日記