2016年05月15日

[韓国tip]ソウル・京畿道の市内バス乗り継ぎ制

 ソウルは地下鉄もそうですが,市内バスの路線はそれ以上に発達しています.タクシー料金が日本に比べてかなり安いので,地下鉄が通っていないところに行くにはタクシーを利用するのが一番いい方法かもしれません.しかし,ことばが分かれば市内バスもかなり便利に使いこなせると思います.今では市内バスの支払いは交通カードを使う人ばかりで,現金で払う人はたまにしか見かけなくなりました.交通カードのほうが現金よりもやや安くなりますが,交通カードの一番のメリットは,乗り継ぐたびに基本料金を払う必要がないということだと思います.

 ソウルやその周りの京畿道のバスは,降りて同一または近くの停留所から再び乗車しても,それが30分以内なら「환승(換乗,乗り継ぎ)」扱いとなり,基本料金を徴収されません.しかも4回乗り継いで5本目のバスに乗車するまで乗り継ぎと見なされます.1本のバスでは行けないところでも上手くバスを乗り継いでいけば,ちょうど地下鉄を改札を出ずに乗り換えるのと同じように利用できます.

 もし乗り継ぎせずに行けるところなら,ソウルの市内バスならずっと同じバスに乗って移動するのがお得です.地下鉄や京畿道の市内バスは「거리비례제(距離比例制)」といって,基本料金の他に乗車距離に応じて百ウォン単位で料金が上乗せされますが,ソウルの市内バスは同じバスならどんなに遠くまで乗っても基本料金のままです.ただし,一度でも乗り継ぎすると距離比例制が適用されます.

 バスは渋滞状況によって所要時間が変わり,特にラッシュ時などは時間が読めませんので,出来るだけ地下鉄を利用するのが現実的だと思います.バスを利用しなければ,出発地や到着地の最寄の駅までは徒歩移動になるでしょうが,バスで徒歩移動の部分を代替できれば,移動はかなり楽になります.この場合,バス→地下鉄→バスという乗り継ぎになりますが,それでも환승が適用されます.

 韓国のポータルサイトのネイバーやダウムの地図サービスでは,公共交通機関の経路検索もできるようになっています.地図にはバス停の位置まで表示され,同じ名前の複数の停留所があって分かりにくい所も個別に表示され,どのバス停に何番のバスが止まるのかといったことも簡単に確認できます.もちろん,リアルタイムの運行状況の確認も可能です.PC用サイトでも,携帯アプリでも便利に利用できます.

NAVER지도(ネイバー地図)
 アプリ:iOS版Android版

DAUM지도(ダウム地図)
 アプリ:iOS版Android版


#한국(韓国)
#버스(バス)
posted by kajiritate webmaster at 22:51| Comment(0) | 日記