2016年05月14日

[韓国語]2つの대리…과장대리(課長代理)と대리운전(代理運転)

 韓国語でも日常会話ではいろんな単語が省略された形で使われています.中には자판기(自販機)のように,日本語でも全く同じように略して使われていて比較的分かりやすいものもあります.しかしそう簡単には行かないものももちろんあって,特に日本とはちょっと事情が違うものの略称は,推測したり調べてみたりしてもすぐにはよく分からないものもあります.

 そういった言葉の例として「대리(代理)」があります.本来の意味は,文字通り何かの代わりをする人のことです.このような日本でも韓国でも使われている漢字語の場合,韓日辞典で調べてみても漢字で“代理”と書いてあるだけで,詳しい説明は載っていないことがほとんどです.辞書には載っていませんが,韓国語の「대리」は,日常生活では次の2つのことばの略として使われることが多いようです.

 ひとつは,会社などでの役職の「과장대리(課長代理)」の略称です.韓国は上下関係に厳格で,それは職位についてもいえるようです.日本なら課長代理,部長代理などという役職は,何かの事情で課長や部長が不在になり,その職務を代行する人が一時的に置かれる場合に設けられることが多いと思います.しかし韓国で「대리」と言えばほぼ間違いなく臨時ではなく,(平)사원(社員)→주입(主任)または계장(係長)→대라(代理)→과장(課長)…という順に置かれた職位のひとつです.

 もうひとつは,お酒を飲んだときに代わりに運転をお願いする「運転代行」サービスのことで,韓国語ではふつう「대리운전(代理運転)」と言います.このように,全然違う2つが略称では全く同じ「대리」というになり,韓国の事情を知らないと,何のことか理解できません.

 ちなみに,日本で「運転代行」を頼むと,その会社の軽自動車などで2人の職員が現場に駆けつけ,そのうち1人は依頼者の車を運転し,もう1人は会社の車でその後を着いて行き,無事送り届けた後はまた2人で会社の車で帰る…というのが一般的だと思います.

 一方,韓国の「대리운전」は,運転を代行する人が体一つで現場に駆けつけるのが一般的です.現場にはタクシーや地下鉄,バスなどで駆けつけ,仕事を終えた後もそうして帰ったり,別の現場に駆けつけます.この方が合理的かもしれませんが,タクシー代の高い日本ではちょっと考えられない方法です.


#한국어(韓国語)
posted by kajiritate webmaster at 22:20| Comment(0) | 日記