2016年05月31日

[韓国]청계천박물관(清渓川博物館)

 ソウルの都心を流れる小川・청계천(チョンゲチョン,清渓川).廃棄されたゴミや生活排水の流入でいわゆる“ドブ川”状態だったのを복개 공사(覆蓋工事,本来は暗渠化の意)で埋め立てて道路にし,その上部にさらに高架道路まで通して,一時はそこがかつて川だったのが人々から忘れ去られるほどの交通の要所だったようです.しかし川を復元する話が持ち上がり,老朽化もあり高架道路は撤去され,2005年には現在の姿に復元されています.

 川沿いはもともと貧しい人々が住むスラム街でした.住人の強制移住が1970年前後に行われ,今では地下鉄8号線が通る단대오거리(タンデオゴリ,丹岱五差路)駅〜수진(スジン,寿進)駅周辺に移住用の住宅などが作られましたが,整備は不十分だった上に청계천から遠く離れて生活の糧を失った移住者の反感を買いました.暴動も何度か起き,それが当時は광주군(広州郡)の一部だったこの地域が,성남시(城南市)に昇格するきっかけにもなりました.

 川が埋め立てられる前の청계천を訪れ,貧しい人々の生活を目の当たりにした牧師の野村基之氏は支援活動を行いました.野村氏は当時청계천周辺で暮らす人々の様子をたくさんカメラにおさめています.野村氏の撮影したものかはっきりしないのですが,当時の청계천の写真をスライド形式にまとめた動画がユーチューブに公開されていたのを覚えています.それをもう一度見てみようと探してみたのですが,残念ながら見つけられませんでした….

 スラム街だった頃の様子は청계천박물관(清渓川博物館)内に復元展示されていて,私はそれを見たときの暗鬱な雰囲気を覚えています.동대문(東大門)からさらに동대분구청(東大門区役所)方面へ下った청계천沿いに,この博物館はあります.博物館ではその他にもさまざまな展示物があり,館内の様子はサイトで紹介されています.

청계천박물관

 現在ではすっかりきれいになって市民の憩いの場,かつ,観光スポットになっている청계천.川自体にもところどころ展示物や野外舞台などがあり,散策しながら청계천のことを知ることができるだけでなく,運が良ければ音楽関連などのイベントにも接することができます.実際に散策してさらにこの川に興味がわいてきたら,청계천박물관を訪ねてみるのもいいかもしれません.


#서울(ソウル)
posted by kajiritate webmaster at 23:19| Comment(0) | 日記

2016年05月30日

[바른말]今週で第10回を迎えたKBSのミニ番組「안녕 우리말(アンニョン ウリマル)」

 KBSで放送されている3分程度のミニ番組「안녕 우리말(アンニョン ウリマル)」.去年,AOAの설현(ソルヒョン(ソリョン))が出演していたものは4回で終わってしまいましたが,걸스데이(ガールズデイ)の민아(ミナ)が出演する現在放送中のものは,3月末に放送がはじまってから毎週月曜日に新しい回が放送され,きょうで10回目に突入しました.

 第1回と第7回は,若者が使う隠語や略語を取り上げていましたが,第8回で店員さんが接客時に使いがちの誤った敬語ついて扱ったのを除いて,外来語や難解な漢字語をより分かりやすい韓国語に直すことを取り上げたエピソードばかりになっています.外来語を韓国語の表現に直すと逆に分かりづらくなるものもあり,ちょっとやりすぎかなと感じられることばも含まれているようです.

 毎回出演するのは민아と,好青年のKBS강승화(カン・スンファ)アナウンサーです.第4回は,2人によるドラマ“태양의 후예(太陽の末裔)”のパロディーになっています.回にっては他にも,タレントや他のKBSアナウンサーが出演して花を添えています.第9回には,今話題のIOI(アイオーアイ)のメンバーが登場しています.

 今後もこのまま週1回のペースで新しいエピソードが放送されるのか,それがいつまで続くのか,といった詳細は分かりませんが,10回も続いているのでこれからも放送は続くのかもしれません.もちろん,何の前触れもなく突然終了してしまう可能性もないとはいえませんが….

 설현主演の4回分を含め,全てのエピソードがユーチューブのKBSのチャンネルで公開されています.韓国語ネイティブ向けだけではなく,今後は韓国語を学ぶ外国人向けにもこのように楽しみながら勉強になる番組が放送されたらと思います.

안녕 우리말(YouTube)


#한국어(韓国語)
#바른말(正しいことば)
posted by kajiritate webmaster at 23:14| Comment(0) | 日記

2016年05月29日

[図書]宮中音楽断絶前の詳細な記録 … 「中国・朝鮮音楽紀行」

 以前図書館で偶然見かけて借りた本のことを思い出しましたので,その本について書こうと思います.

●中国・朝鮮音楽紀行(東洋音楽全書〔十一〕)
CiNiiの蔵書検索ページ

 この本のうち,私は興味のある朝鮮に関する部分だけを読みました.著者の田辺尚雄氏が大正十(1921)年に朝鮮半島に赴き,主に雅楽について調査した詳細な記録です.当時,朝鮮はすでに日本の植民支配下でしたが,朝鮮時代から続く雅楽団がまだ残っていました.しかし,予算不足で存亡の危機に瀕していることを知った著者が当地に行き,各楽器の音域や演奏時の配置,音律など専門的な調査を行っています.

 この本がどんな内容だったのかもう記憶があいまいですが,창경원(チャンギョンウォン,昌慶苑)と呼ばれていた창경궁(チャンギョングン,昌慶宮)内に当時は動物園があり,予算不足で雅楽団か動物園のどちらかを廃止しようという案が出た際,動物園は一般市民のためになるが雅楽団はそうではないとの総督府の役人の判断で,雅楽団のほうが廃止されることになった,といったことが書いてあったように思います.

 調査内容が専門的で詳細なものだった上に,当時としては珍しく演奏中の動画撮影まで行ったようです.そのフィルムは著者が保持していましたが,朝鮮半島の出身者から帯出を懇願されて貸し出したそうです.ところがその後,朝鮮戦争が勃発したためフィルムは行方知れずになり,大変残念に思っている,といった逸話も載っていたように思います.

 著者は雅楽の調査で京城(現在のソウル)を訪れただけでなく平壌にも足を伸ばし,公立の妓生(キーセン)学校を訪問したり,舟遊びを楽しんだりしたようです.妓生学校の女学生は書道にも優れていて,お手本どおりに書くことには長けていたようですが,お手本にはないものを自由に書かせてみるとそれほど上手ではなかった,といったことも記されていたと思います.このような記述は,当時の朝鮮半島の様子を垣間見る旅行記としても楽しめます.

 ひとつ残念なことに,著者は庶民的な音楽には興味がなかったようで,何かの公演があるので行かないかとの誘いには乗らなかった,との記述があったと記憶しています.多分판소리(パンソリ)だったのではと私は思うのですが,著者がこの公演を見て何かを書き残していれば,それも現在では大変貴重な資料になっていたかも知れません.

 雅楽団が実際に廃止されたと書いてあったかどうか,具体的なことは思い出せません….現在,韓国ではこのような伝統音楽の流れをくむものは,국악(クガク,国楽)という名前で親しまれています.


#한국(韓国)
#조선(朝鮮)
#전통음악(伝統音楽)
posted by kajiritate webmaster at 22:44| Comment(0) | 日記