2016年04月27日

[韓国語]2種類あるミシュランの外来語表記「미쉐린」と「미슐랭」

 한국일보(韓国日報)にきのう26日付で掲載されていた韓国語に関するコラムが興味深い内容でしたのでご紹介します.「‘미쉐린’에서 발간하는 ‘미슐랭’ 가이드」というタイトルで,韓国では「ミシュラン」の外来語表記が2種類存在することについて書かれています.

 「ミシュラン」はフランスのタイヤメーカーで,そのミシュランが販売促進の一環で作成を始めた旅行のガイド本「ミシュランガイド」は,レストランなどを星の数で評価することで広く知られています.コラムによると,韓国には1980年代に先にガイド本のほうのミシュランが伝えられたときには미슐랭と表記され,その後1990年代の初めに韓国に進出したミシュラン社が미쉐린と表記し,2種類の表記が並存するようになったとのことです.

 フランス語のMichelinを韓国の外来語表記法に則って表記すると미슐랭になるそうですが,ミシュラン社は社名をフランス語の外来語表記でも,英語としての外来語表記の미셸린でもなく,미쉐린という表記で社名を登録したそうです.なぜその表記にしたのかは書かれていません.

 韓国語を勉強していて,희랍(希臘)と그리스(ギリシャ)や,임파(淋巴)と림프(リンパ)のように,同じものを指しているのに漢字語と外来語で差があってすぐには同じものとは分からずに戸惑うことがありますが,同じものを指す外来語表記が複数あるのは珍しいと思います.

 外来語表記が複数あるもので私がすぐに思いつくものに에네르기(エネルギー)と에너지(エナジー)がありますが,今ではほぼ에너지しか使わないようです.에네르기はドイツ語由来ですが日本経由で伝わったようで,いわゆる国語醇化の過程で英語のenergyを外来語表記法に則って表記した에너지に変えたのかもしれません.複数の外来語表記が現在も併用されているものとしては,요구르트(ヨーグルト)と요거트があります.こちらもたぶん前者は日本経由で伝わったもので,英語のyogurtの外来語表記法に則ってひょうきすると요거트になるようです.

 話はちょっと逸れましたが,ミシュラン社の韓国語版サイトでは,ミシュランガイドのミシュランも社名と同じ미쉐린と表記しています



#한국어(韓国語)
#외래어(外来語)
posted by kajiritate webmaster at 23:14| Comment(0) | 日記