2016年04月25日

[PC]OCRも可能なソフト「ALPDF」登場!

 ファイル解凍・圧縮ツールで韓国ではシェアが高い「ALZip」を作っている会社が,新しく「ALPDF」というソフトを発表したと韓国の연합뉴스(聨合ニュース)などが今日25日付けで伝えています.それを読んで早速,その会社のALPDFのページを見てみました.会社のサイトでは21日付でお知らせが出ていました

 聨合ニュースの記事では,PDFの編集や結合,ワードやエクセルなど16形式のファイルをPDF変換,逆にPDFをワードやエクセルなど16形式のファイルに変換する機能を備えていて,変換できるファイル形式に韓国では一般的なアレアハングル(HWP)形式が含まれていることや,個人での利用は無料だと伝えています.

 ワードやエクセルなどは,すでにPDF形式で出力できるようになっていますし,このようなソフトは他にもいろいろあります.ですので敢えてALPDFを使う必要はないのですが,OCR機能がある点がこのソフトの一番の特長だと思います.例えば文字の部分がテキスト形式ではなく画像になっているPDFファイルを入力し,OCR機能でファイルまるごと文字認識させて出力できます.

 OCR機能はその精度が問題で,無料で利用できるものには精度が低くて文字化け同然の結果しか得られないものもあります.ALPDFをインストールした後,同じページの一番右のタブ「알PDF 문자 인식(OCR)」を押してOCR機能もインストールして実際に試してみました.まだ少ししか試していませんが,このOCRの精度は満足できるレベルのようです.初期設定での認識言語は韓国語と英語ですが,同時に日本語や中国語なども設定できます.

 ただ,ALPDFインストーラーは日本語環境ではほとんど文字化けしていてよくわからないのと,インストール後はPDFファイルの関連付けをALPDFにされてしまうという難点があります.それでもインストールは出来ますし,関連付けは後で元に戻せますので,特に問題はないと思います.

 もう少し使ってみて,何か新しいことがわかれば後日お知らせしたいと思います.


#한국어(韓国語)
#OCR
posted by kajiritate webmaster at 23:33| Comment(0) | 日記