2016年04月22日

[韓国語]天気が暑い?寒い??

 日本語と韓国語に限らず,意味がほぼ同じで翻訳するときにただ置き換えればいいと思っている単語でも,場合によってはそれではダメで訳し方に工夫が必要なときがあります.韓国語学習の初級段階で出てくるそのような単語のひとつに“날씨(天気)”があります.

 日本語の“天気”は,「いい天気」「天気が悪い」「今日の天気は晴れ」「明日の天気は雨」…というように,主に空模様を指しているようです.そのような言い方をするのは韓国語の“날씨”でも同じですが,韓国語ではその他にも“덥다(暑い)”や“춥다(寒い)”など,気温に関することばも“날씨”と共に使われ,「날씨가 덥다」「추운 날씨」のような言い方もします.

 日本語では「天気が暑い」という言い方はしないと思いますし,「寒い」は「寒い天気」のように「天気」を修飾する形なら使われることがあるかもしれませんが,それでも「天気が寒い」のような言い方はふつうしないと思います.こう見ると,“날씨”は空模様だけでなく気温なども含んでいて,日本語の「天気」よりやや広い意味を含んでいると考えられます.

 ただ,日本語でも「暖かな天気」「肌寒い天気」のような言い方にはそれほど違和感を感じませんので,「天気」が空模様だけを指しているとも言い切れないようです.“날씨”と“天気”は韓日辞典・日韓辞典で互いに語釈の最初に載っているはずですが,これらに限らず辞書に載っていたからとそのまま置き換えると不自然になるものもあります.

 昔は「天気予報」のことを韓国語では「일기예보(日気予報)」と言ってたようですが,近ごろは少なくともテレビやラジオの天気予報は일기예보とは言わないようです.単に날씨と言うことがほとんどのようです.日本の放送でも「この後はお天気です」のように天気予報のことを単に「(お)天気」と言うのを聞きますが,それと似た感覚のようです.


#한국어(韓国語)
posted by kajiritate webmaster at 22:47| Comment(0) | 日記