2016年04月27日

[韓国語]2種類あるミシュランの外来語表記「미쉐린」と「미슐랭」

 한국일보(韓国日報)にきのう26日付で掲載されていた韓国語に関するコラムが興味深い内容でしたのでご紹介します.「‘미쉐린’에서 발간하는 ‘미슐랭’ 가이드」というタイトルで,韓国では「ミシュラン」の外来語表記が2種類存在することについて書かれています.

 「ミシュラン」はフランスのタイヤメーカーで,そのミシュランが販売促進の一環で作成を始めた旅行のガイド本「ミシュランガイド」は,レストランなどを星の数で評価することで広く知られています.コラムによると,韓国には1980年代に先にガイド本のほうのミシュランが伝えられたときには미슐랭と表記され,その後1990年代の初めに韓国に進出したミシュラン社が미쉐린と表記し,2種類の表記が並存するようになったとのことです.

 フランス語のMichelinを韓国の外来語表記法に則って表記すると미슐랭になるそうですが,ミシュラン社は社名をフランス語の外来語表記でも,英語としての外来語表記の미셸린でもなく,미쉐린という表記で社名を登録したそうです.なぜその表記にしたのかは書かれていません.

 韓国語を勉強していて,희랍(希臘)と그리스(ギリシャ)や,임파(淋巴)と림프(リンパ)のように,同じものを指しているのに漢字語と外来語で差があってすぐには同じものとは分からずに戸惑うことがありますが,同じものを指す外来語表記が複数あるのは珍しいと思います.

 外来語表記が複数あるもので私がすぐに思いつくものに에네르기(エネルギー)と에너지(エナジー)がありますが,今ではほぼ에너지しか使わないようです.에네르기はドイツ語由来ですが日本経由で伝わったようで,いわゆる国語醇化の過程で英語のenergyを外来語表記法に則って表記した에너지に変えたのかもしれません.複数の外来語表記が現在も併用されているものとしては,요구르트(ヨーグルト)と요거트があります.こちらもたぶん前者は日本経由で伝わったもので,英語のyogurtの外来語表記法に則ってひょうきすると요거트になるようです.

 話はちょっと逸れましたが,ミシュラン社の韓国語版サイトでは,ミシュランガイドのミシュランも社名と同じ미쉐린と表記しています



#한국어(韓国語)
#외래어(外来語)
posted by kajiritate webmaster at 23:14| Comment(0) | 日記

2016年04月26日

[韓国]일본어저녈(日本語ジャーナル)の発行元「다락원」のサイト

 休刊になった「韓国語ジャーナル」の流れを受け継ぐ「韓国語学習ジャーナルhana」が日本にあれば,韓国には日本語学習者向けの月刊誌「일본어저널」があります.韓国の出版物を取り寄せるのは今でもちょっと面倒ですが,ネットのおかげで情報の入手は国内外問わず簡単に出来ますので,だいたいどういったものかというのは日本にいながら知ることが出来ます.

 일본어저널を発行している「다락원(タラクウォン)」のサイトでは,毎週火曜日に最新号の内容の一部が紹介されています.きょう26日付の記事をみると,4月号の一部が紹介されています.今週で4月はおしまいなのに今ごろ4月号というのは日本に当てはめて考えると変です.韓国でもかつては5月号を4月に出す,というふうに,雑誌は1ヶ月先の号をつけて発行されていましたが,出版社間の競争が激しくなりさらに発行が早まるようになってからお達しが出て,混乱を避けるため各社とも発行月と号を同じにするようにしたようです..

 それはともかく,다락원のサイトは土日と韓国の祝日を除いて毎日更新があり,曜日別にテーマに沿って日本語学習や日本を知るのに役立つ記事が掲載されています.本来は同社のサイトの会員向けにメールで配信されるものですが,それと同じ内容がサイトにも掲載されていて,当日だけでなく過去のものも閲覧できるようになっています.

 韓国語母語話者が日本語を学ぶための雑誌ですので日本語と韓国語が併記されていて,視点を変えれば日本語母語話者が韓国語を学ぶための教材としても応用できます.雑誌の入手は難しくてもサイトを見るのは簡単ですし,サイトの記事だけでもかなり勉強になると思います.内容も日本に関係があるものばかりで親しみやすいと思います.いつも日本の教材で勉強していて退屈に感じてきたら,現地のものを活用できないか考えてみるといいかもしれません.


#한국(韓国)
#일본어(日本語)
#잡지(雑誌)
posted by kajiritate webmaster at 23:18| Comment(0) | 日記

2016年04月25日

[PC]OCRも可能なソフト「ALPDF」登場!

 ファイル解凍・圧縮ツールで韓国ではシェアが高い「ALZip」を作っている会社が,新しく「ALPDF」というソフトを発表したと韓国の연합뉴스(聨合ニュース)などが今日25日付けで伝えています.それを読んで早速,その会社のALPDFのページを見てみました.会社のサイトでは21日付でお知らせが出ていました

 聨合ニュースの記事では,PDFの編集や結合,ワードやエクセルなど16形式のファイルをPDF変換,逆にPDFをワードやエクセルなど16形式のファイルに変換する機能を備えていて,変換できるファイル形式に韓国では一般的なアレアハングル(HWP)形式が含まれていることや,個人での利用は無料だと伝えています.

 ワードやエクセルなどは,すでにPDF形式で出力できるようになっていますし,このようなソフトは他にもいろいろあります.ですので敢えてALPDFを使う必要はないのですが,OCR機能がある点がこのソフトの一番の特長だと思います.例えば文字の部分がテキスト形式ではなく画像になっているPDFファイルを入力し,OCR機能でファイルまるごと文字認識させて出力できます.

 OCR機能はその精度が問題で,無料で利用できるものには精度が低くて文字化け同然の結果しか得られないものもあります.ALPDFをインストールした後,同じページの一番右のタブ「알PDF 문자 인식(OCR)」を押してOCR機能もインストールして実際に試してみました.まだ少ししか試していませんが,このOCRの精度は満足できるレベルのようです.初期設定での認識言語は韓国語と英語ですが,同時に日本語や中国語なども設定できます.

 ただ,ALPDFインストーラーは日本語環境ではほとんど文字化けしていてよくわからないのと,インストール後はPDFファイルの関連付けをALPDFにされてしまうという難点があります.それでもインストールは出来ますし,関連付けは後で元に戻せますので,特に問題はないと思います.

 もう少し使ってみて,何か新しいことがわかれば後日お知らせしたいと思います.


#한국어(韓国語)
#OCR
posted by kajiritate webmaster at 23:33| Comment(0) | 日記