2016年03月26日

[韓国文化?]猫も食べる?

 日本でペットと言えば大きくイヌ派とネコ派に二分されますが,韓国では以前はイヌ派が圧倒的で,ネコを飼う人はかなり少数派でちょっと変わった人と思われることもあったようです.今ではネコの人気もなかなかのようです.

 韓国では犬を食用にもしますが,食用にする犬種は決まっていてペットを含むあらゆる犬を食用にしてしまうのではありません.

 実は韓国では猫がリウマチや神経痛に効くと一部では信じられているようで,日本ほど野良猫を見かけないのは薬として用いられているからだという冗談半分の話もあるようです.

 犬を食べたことはなくても,보신탕(ポシンタン,補身湯)という料理名をご存知の方は多いと思います.それに似た料理で材料に牛肉を使った육개장(ユッケジャン)がありますが,보신탕と同じ意味の개장국(ケジャンクク)を犬の代わりに牛肉で作ったということで,개장국の개장の頭に육(肉)をつけて生まれた料理名のようです.

 1988年のソウルオリンピック開催の前に,犬食文化が海外に悪い印象を与えることを恐れて犬を扱う飲食店はあまり目立たない位置に移転させられ,それと共に料理名も개장국から보신탕と少しぼかした名前に変わっていったようです.


#한국(韓国)
#애완동물(ペット)
#한국어(韓国語)
posted by kajiritate webmaster at 21:32| Comment(0) | 日記