2016年03月05日

[資料]‘㪳’は何と読む? … 韓国の国字

 ‘峠’‘俣’など,漢字をまねて日本で作った文字を「国字」と言いますが,それに当たるものが韓国・朝鮮にもあります.韓国の国字を集めたネット上の資料としては次のページがあります.

韓國特用漢字表

 このページの「部首索引」をクリックし,さらに各部首をクリックすると韓国の国字を見ることができます.が,説明は中国語です.このページは中華民国(台湾)の教育部の異体字字典内にあります,なぜ台湾で韓国の国字を調べたのかなど,詳しいことはよくわかりません….

 例えば,4画の部首「斗」をクリックすると‘㪲’‘㪳’‘㖍’のように漢字とハングルが混ざったような字が表示され,それぞれ‘둑’‘둥’‘둣’という発音を示しています.このように,発音を示すのが主な目的で文字そのものに特に意味がない韓国・朝鮮の国字を「음역자(音訳字)」といい,漢字の文書内で韓国語・朝鮮語の発音を示したいときに使われていたようです.‘㪲’‘㪳’の上の「斗」は「두」という発音を表し,下の「ㄱ」「ㅇ」はハングルの終声をそのまま添えたものです.‘㖍’の下にある漢字の「叱」のようなものは,「구결(口訣)」という漢文に朝鮮語の助詞などを添えて書くとき使われていた記号で終声「ㅅ」を表すのに使われていたものです.

 NAVER한자사전(漢字辞典)で「음역자」で検索すると,このような不思議な文字が91件ヒットします.


#한국어(韓国語)
#한자(漢字)
posted by kajiritate webmaster at 14:43| Comment(0) | 日記