2016年03月04日

[フォント]산돌미생체(サンドル ミセン(未生)体)

 ネットで公開されているフォントは,ハングルフォントでもたくさんあります.しかし,無料でダウンロードできるものでも商用利用が可能かとなると話は別で,調べてみてもよくわからないものがあるのは日本語など他の言語のフォントと同じです.今回ご紹介する「산돌미생체(サンドル ミセン(未生)体)」はそのような心配がなく,個人でも企業でも商用利用が可能なフォントです.

윤태호 작가의 손글씨 '미생체' - 5화. 미생체, 드디어 출시됐다고 전해라(다음 스토리펀딩)
※ページ下部にフォントファイルへのリンクがあります.

 このフォントはクラウドファンディングで調達した資金で開発され,先月公開を始めたようです.開発はフォント制作会社の산돌커뮤니케이션(サンドル コミュニケーション),カカオトークでお馴染みの카카오(カカオ),そして漫画家の윤태호(ユン・テホ)氏で行われました.フォント名の미생(ミセン)とは윤태호氏原作の人気漫画のタイトルで,2014年にはテレビドラマ化されて好評となり,そのため原作漫画が再び注目を集めて単行本がベストセラーになるなど,韓国で大きな話題となりました.このフォントは윤태호氏の手書きの文字を元に開発されたそうです.ペン字の雰囲気があり,手書きの味わいが生きたきれいな書体です.

 このフォントは大手ポータルサイト「다음(ダウム)」内で公開されています.다음を運営していた다음커뮤니케이션(ダウム コミュニケーション)は2014年に카카오と合併して社名が「다음카카오」となり,現在は単に「카카오」となりました.合併は事実上,カカオトークで急成長した카카오による吸収合併だったようです.

 私は原作漫画を読んだことがないのですが,ドラマ・미생の主人公は大企業にコネで就職した青年で,正社員として入社した他の同期の社員とは異なり期限付きの非正規社員(インターン)扱いの主人公が,期限までに正社員に登用されることを目指して奮闘する姿を描いた物語です.主人公は少年の頃,囲碁のプロ棋士を目指していたことがあり,そのときの経験や教訓を活かして職場生活を切り抜けていきます.タイトルの미생(未生)は,囲碁にまつわる言葉から取ったようです.漫画・미생は現在,다음でウェブトゥーンのパート2が連載されています


【情報源】●미생체 – 윤태호 작가의 독특한 서체 모양과 라이센스로부터 자유로운 한글 공개서체(아칼과 줄리)

#한국어(韓国語)
#한글(ハングル)
#폰트, 글꼴(フォント)
#만화(漫画)
#드라마(ドラマ)
posted by kajiritate webmaster at 11:54| Comment(0) | 日記