2016年03月19日

[テレビ番組]잊지 못할 윤동주(MBC特集ドキュメンタリー,2014年)

 韓国のみならず日本にもファンが多い詩人윤동주(ユン・ドンジュ,尹東柱)のドキュメンタリー番組が,ユーチューブの여수(ヨス,麗水)MBCのチャンネルで公開されているのを偶然見つけました.

잊지 못할 윤동주(忘れられないユン・ドンジュ)

 여수MBCが2014年に制作したもののようです.この番組は,연희전문학교(ヨンヒ(延禧)専門学校,現在の延世大学校)で共に学んだ国文学者の정병욱(チョン・ビョンウク)氏との関係を中心に構成されています.

 윤동주は1940年に日本に留学しますが,留学前に自筆の詩集を정병욱氏に託します.その詩集は정병욱氏の母親の手で実家の床下に大切に保管されていました.それが「하늘과 바람과 별과 詩(空と風と星と詩)」です.

 詩人としての윤동주や彼の詩は,彼の生前には全く知られていませんでした.彼は日本に留学し京都で大学生活を送っていましたが,思想犯の疑いで逮捕され福岡刑務所に移送されました.まもなく終戦という1945年2月,彼は福岡刑務所で獄死してしまいます.

 윤동주に関するドキュメンタリー番組は,今月6日にはKBSでも放送されました.こちらは主に日本での取材内容を元に構成されていました.

 同志社大学に留学していた頃,遠足に行き友人にせがまれて歌を歌ったいうとエピソードはMBCのドキュメンタリーでも紹介されましたが,KBSのドキュメンタリーには,当時の学友で彼の歌を聞いたという日本人女性へインタビューしたようすもありました.

 MBCの番組では윤동주の詩に曲をつけた歌も多く流れ,それもこの番組の大きな見所(聴き所?)になっています.


#한국(韓国)
#방송(放送)
#문학(文学)
#시(詩)
posted by kajiritate webmaster at 23:52| Comment(0) | 日記

2016年03月18日

[북한말]スマートフォン,北では「타치(タチ)」と呼ばれている

 1953年に朝鮮戦争が休戦してすでに60年以上過ぎましたが,北朝鮮と韓国の言語差は方言程度ですのでコミュニケーションには問題がありません.とはいえ,社会体制の違いから来る語彙の差などはあり,今後も少しずつ言語差が開いていくことが心配されています.

 「겨레말대사전(キョレマル大辞典)」は,南北共同で完成を目指している国語辞典で,開発状況などが同辞典のサイトで公開されています.“겨레말(キョレマル)”の“겨레(キョレ)”は“同胞”,“말(マル)”は“ことば”の意味です.このような南北共同のプロジェクトが,これ以上の対立を防ぐ方向に働くといいのですが,特に北朝鮮の現状を見ると現実は厳しそうです.

 同辞典のサイトには「남녘말 북녘말(南側のことば,北側のことば)」というコーナーがあり,南北の言語差に関する話題が不定期で投稿されています.このプロジェクトに携わる先生方が持ち回りでお書きのようです.現時点での最新の投稿は17日付の「타치」というタイトルのもので,これが異色の内容といってはなんですが,これまでの投稿とはちょっと異なるとても面白い内容になっています.

 もちろん同辞典のサイトで読めるのですが,文字のようでなぜか文字を画像化して掲載していますので,同じ内容の통일뉴스(統一ニュース)の記事のほうが読みやすいと思います.

타치 - <연재> 겨레말 큰사전 '남녘말 북녘말' (통일뉴스)

 この投稿にもありますように,韓国では2009年に初めて iPhone が発売されました.日本などではすでに発売されていて,韓国ではいったいいつ発売されるのかと熱心なファンが心待ちにしていました.どこどこの通信会社からもうすぐ発売されるらしいという噂が飛び交ったり,待ちきれないファンの中には,海外から本体のみ入手して通信会社に掛け合って韓国で開通させたというつわものもいたようです.

 話を元に戻しますと,北でスマホのことをいう「타치」は,英語 touch の北朝鮮式の表記です.南ではスマホは「스마트폰(スマトゥポン)」(smartphone)と呼ばれていて,略称や通称は特にないようです.南ではガラケーのときからの「핸드폰(ヘンドゥポン)」(hand + phone)という言い方が,今でも広く使われているようです.


#한국어(韓国語)
#조선어(朝鮮語)
#휴대전화(携帯電話)
posted by kajiritate webmaster at 20:59| Comment(0) | 日記

2016年03月17日

[フォント]国立中央図書館の「도서관체(図書館体)」

 국립중앙도서관(国立中央図書館)が15日,「도서관체(図書館体)」というフォントの無償公開を始めたという記事が,韓国の複数のニュースサイトに掲載されていました.

국립중앙도서관, '도서관체' 무료 배포 (ChosunBiz)

 フォントは국립중앙도서관のサイト内で公開されています,

로고・서체 (국립중앙도서관)

 韓国では企業や大学などさまざまな団体が独自のフォントを無償公開していて,ソウル特別市の서울한강체(ソウルハンガン(漢江)体)・서울남산체(ソウルナムサン(南山)体)のように,地方自治体などの公的機関も例外ではありませんが,公立の図書館がフォントを公開するのは今回が初めてだと思います.

 국립중앙도서관のロゴにも使われている横長の書体で,私は「전라북도체(チョルラ(全羅)北道体)」を思い出したのですが,전라북도체を開発したフォント制作会社が作ったものではないようです.


#한국어(韓国語)
#글꼴, 폰트(フォント)
posted by kajiritate webmaster at 21:39| Comment(0) | 日記