2016年03月22日

[韓国文学]국립중앙도서관(国立中央図書館)のサイトで読む韓国文学

 국립중앙도서관(国立中央図書館)の携帯端末用のサイトで,韓国の教科書に載っている文学作品が公開されているのを見つけました.

교과서에 나오는 시・소설(教科書に出てくる詩・小説)

교과서에 나오는 고전문학(教科書に出てくる古典文学)

 それぞれ,시(詩)または소설(小説),시가문학(詩歌文学)/서사문학(叙事文学)をタップして切り替え,表示されたリストをタップすると簡単な作品説明と電子書籍へのリンクが表示されます.電子書籍といっても,PDF形式で公開されている資料のような感じで,文字だけの内容の簡素なコンテンツです.ログイン不要で閲覧できます.

  同じ内容のパソコン版のページも探してみましたが,見つけられませんでした….携帯端末でも手軽に韓国文学に親しんでもらおうと作られたページなのかもしれません.携帯端末用のページをパソコンでも表示できますので,パソコンで見る場合も上でご紹介したリンクをご利用ください.


#한국문학(韓国文学)
posted by kajiritate webmaster at 22:44| Comment(0) | 日記

2016年03月21日

[ハングルタイピング]가로세로타이핑(カロセロタイピング)

 「가로세로타이핑」は,韓国NAVERの子ども向けサービス쥬니어네이버(ジュニアネイバー)内の게임랜드(ゲームランド)で公開されているタイピングゲームです.私は主にこのゲームでタイピング練習をしていました.

가로세로타이핑(쥬니어네이버 게임랜드)

 少しやってみるとすぐ分かると思いますのでルールの説明は必要ないでしょうが,テトリスのようなブロックに書いてある単語のとおり入力してリターンキーを押すと,入力したハングルが正しければブロックが消えます.各レベルで定められた単語数を消すとレベルクリアです.消せなかった単語のブロックが下まで落ちると底が1段ずつ上がり,一定の高さ以上になるとレベルクリア失敗です.

 遊ぶ前にはパソコンを必ずハングル入力に切り替えてください.日本語IMEのままでは遊べません.ログインしなくても遊べますが,ログインするとハイスコアを出したとき名前を残す機能などが使えます.

 最初は2文字の単語ばかりでブロックの落ちる速度もゆっくりですが,レベルが上がるとだんだん速くなって単語も3文字,4文字と文字数が増えていき難易度が上がります.子ども向けのサービスといっても侮ってはいけません.私は熱心にやっていたころでもレベル7ぐらいまでしか行きませんでした….

 タイピング練習ではなくあくまでも“ゲーム”で,楽しく没頭しながらタイピングの上達が図れると思います.ハングル入力を練習したい方はもちろん,すでにタイピングを身につけた方にもお勧めです.

 ちなみに가로세로타이핑の“가로”は“横”,“세로”は“縦”という意味です.日本語ではふつう「縦横」と縦が先ですが,韓国語では「가로세로」と横を先にいいます.


#한국어(韓国語)
#한글(ハングル)
#타이핑(タイピング)
posted by kajiritate webmaster at 23:00| Comment(0) | 日記

2016年03月20日

[まぎらわしい語彙]천테이프/청테이프

 韓国はすぐお隣の国ですので日本と同じようなところもたくさんあり,そうかと思えば,やはり外国ですので全然違うところもあります.そして,一見日本と同じようでも実は違う“どんでん返し”(?)に遭遇して,驚かされたりトホホな思いをさせられた方もいらっしゃると思います.

 そのような例で比較的よく知られているものとして,コーヒーやビールの味が薄いというのがあります.日本のものと同じつもりで飲んで,どこか物足りなさを感じたという方は多いのではないでしょうか.それとはジャンルが全然違うのですが,今回は「ガムテープ」の話をしたいと思います.

 ネット通販などで韓国から荷物を送ってもらうと,ダンボール箱は日本のものと特に違わないようですが,箱の組み立て・梱包に使われているガムテープは,韓国のものはセロファンのようにつるつるした材質のものが多く,紙のような素材の日本のガムテープとは異なっています.色はどちらも茶色ですが,光を通す素材のせいか,韓国のものは日本のものより明るい色をしています.ちなみにガムテープのことを韓国では“박스테이프(バクステイプ)”(box + tape)といいます.

 ガムテープよりも強度が必要なときは,よりしっかりしている「布テープ」が使われます.日本のものは一般的にガムテープよりやや明るい茶色ですが,韓国では緑色のものが多く使われています.韓国語では“チョンテイプ”といい,“チョン”は韓国語で布や服の生地を指す“천”のことだろう…と私は思っていました.

 ところが検索してみると“청테이프”という表記も多くヒットします.나무위키の“청테이프”のページには,元は‘천’だったのが発音の似た‘청’に変わったという説があるとの記述があります.テープが緑色をしていることから,‘青’の漢字音の‘청’と混同されるようになったのが原因だと考えられます.

 緑のことを“青”ということがあるのは韓国も日本と同じで,例えば「青信号」は,韓国の漢字音でそのまま「청신호(チョンシンホ/チョンシノ)」,あるいは固有語で「파란불(パランプル)」(青い火(光))といいます.色彩感覚が日本と韓国ではかなり異なるようですが,このように共通な点もあるのは興味深いです.

 ちなみに,化学メーカーとして世界的に有名な「3M」社の韓国法人のサイトでは,自社製品を“천 테이프”と表記しています

#한국어(韓国語)
#어휘(語彙)
posted by kajiritate webmaster at 22:33| Comment(0) | 日記