2016年02月29日

[韓国語]漢拏(ハルラ)山,南北でハングル表記に差が!

 当サイトの掲示板で以前,「漢拏(ハルラ)山」や「智異(チリ)山/地理山」の発音やハングルでの綴りについて話題になったことがありました(詳細は掲示板で).韓国ではそれぞれ「한라산」「지리산」と綴るのですが,北朝鮮ではどうなのかが疑問のままでした.

 ちなみに,ハルラ山は韓国が治める朝鮮半島南部の地域での最高峰で,朝鮮半島西南部の沖に浮かぶチェジュ(済州)島はこの山の火山活動でできた島です.チリ山は,韓国でハルラ山に次ぐ高さの山で,韓国南部にあります.朝鮮半島全域で最も高い山は,中朝国境にあるペクトゥ(白頭)山になります.

 「漢拏山」の『拏』の漢字音はふつう「라」ではなく「나」で,「智異山」の『異』は「리」ではなく「이」です.このように通常とは異なる漢字音を「속음(俗音)」といい,韓国の표준국어대사전(標準国語大辞典)では俗音で発音される漢字の右側に“▽”(下向きの白抜き三角形)が添えられています.속음で発音される漢字音をハングル表記するときは,発音どおりに綴ります.


한라-산 漢拏▽山 [발음 : 할ː라산]
지리-산2 智異▽山/地理山


 今では北朝鮮の조선말대사전(朝鮮語大辞典)もウェブ上で利用できるようになりましたので,それぞれ조선말대사전でも調べてみました.


한나산 [漢拏山] 발음: [할라−]
지리산 [地理山. 智異山]


 このように,漢拏山の『拏』は「라」ではなく「나」と綴っています.一方,지리산は漢字表記の提示順を逆にして,지리산とすなおに読める「地理山」を先に提示していました.

 ここで「속음(俗音)」について補足しておきますと,韓国語学習者に身近なものとしては6月を「육월」ではなく「유월」,10月を「십월」ではなく「시월」と発音する例があります.


유월1 六▽月
시월1 十▽月


 韓国の표준국어대사전では上のように속음で発音する漢字の右側に▽印がついていますが,北朝鮮の조선말대사전では特に何もつけていません.


류월(1) [六月]
시월(1) [十月]


 ただし,北では漢拏山を한나산と書いても発音は[할라산]で,南では[할ː라산]と할のㅏを長母音で発音するのが正しいようですが,結局南北とも発音は同じだと考えてよさそうです.

 掲示板には『拏』を「라」と読むのは속음ではなく,「나」と「라」の2つの発音があるとの情報も頂いていました.この点も機会があれば調べてみようと思います.


#한국어(韓国語)
#조선어(朝鮮語)
#철자(綴り,表記)
#발음(発音)
posted by kajiritate webmaster at 21:54| Comment(0) | 日記

2016年02月28日

[韓国文学]소나기の「윤 초시네」って何のこと?

 韓国では教科書にも登場する代表的な文学作品のひとつで,少年と少女のとても短い恋を描いた황순원(ファン・スヌォン,黄順元)の小説「소나기(ソナギ,夕立)」は,次の文章で始まります.


 소년은 개울가에서 소녀를 보자 곧 윤 초시네 증손녀(曾孫女)라는 걸 알 수 있었다. 소녀는 개울에다 손을 잠그고 물장난을 하고 있는 것이다. 서울서는 이런 개울물을 보지 못하기나 한 듯이.


 読み始めるとすぐに出て来る「윤 초시네」の『윤』は『ユン(尹)』という人の名字で,『〜네』は「김 씨네(キムさんち)」「박 씨네(パクさんち)」などというときの『〜(さん)ち』のことだろうと想像がつくと思いますが,『초시』でつまづいてしまうかもしれません.『초시』とは一体何のことでしょう? 辞書(표준국어대사전,標準国語大辞典)には次のように載っています.


 초시01 (初試)
「명사」
「1」『역사』과거의 첫 시험. 또는 그 시험에 급제한 사람. 서울과 지방에서 식년(式年)의 전해 가을에 보았다.
¶ 천여 명 중의 육백 명이 초시에 뽑히고 초시 육백 명 중의 십팔 명이 전시에 뽑히었었다.≪홍명희, 임꺽정≫
「2」예전에, 한문을 좀 아는 유식한 양반을 높여 이르던 말.


 朝鮮時代までは中国にならい과거(クヮゴ,科挙)という試験が行われていて,合格すると양반(ヤンバン,両班)の地位が与えられました.今の日本で例えると,과거は国家公務員の総合職試験に,양반はエリート官僚に当たると思います.

 과거は男性ならほぼ誰にでも受験資格があったのですが,当時は과거の受験勉強に費やすだけの経済的余裕がある家は少なく,また,과거は3次試験まであり合格は至難の業でした.つまり「윤 초시네」とは「과거の1次試験に合格した윤さんち」という意味です.たとえ1次試験だけでも合格したということは윤さんはとても頭が良く,それ以前に,과거を受験できたということはこの地方で有数の経済的に豊かな家柄だったと考えられます.

 “話の雲行きが怪しいな…”と,カンのいい方なら作品名とこの出だしだけでうすうす感づくように書かれた作品なのかもしれません.ネタバレにならないよう今回はこれにて….


#문학(文学)
posted by kajiritate webmaster at 09:04| Comment(0) | 日記

2016年02月27日

[テレビ番組]무릎팍도사(ひざこぞう道士)・차인태(車仁泰)編

 「무릎팍도사(ひざこぞう道士)」は,MBC문화방송(文化放送)のテレビ番組「황금어장(黄金漁場)」内でかつて放送されていたコーナーで,悩みを抱えた歌手や俳優などの有名人が毎回,씨름(韓国相撲)の選手からタレントに転身した강호동(カン・ホドン,姜鎬童)氏が扮する무릎팍도사というシャーマンのもとを訪れて悩みを解決するという形で進行するトーク番組です.

 강호동氏をはじめ3人のレギュラー出演者が巧みな話術でゲストの身の上話を聞き出すようすはどの回も楽しいのですが,ゲストとしてこのコーナーに訪れた有名人は芸能人以外の大物の方もいらして,ただ面白いだけでなく興味深い回もたくさんあります.今回はその中でも元MBCアナウンサー・차인태(チャ・インテ,車仁泰)氏の回をご紹介したいと思います.

 차인태氏はMBCがテレビ放送を始める前,ラジオだけでまだ局舎がインサドン(仁寺洞)にあった1969年にMBCに入社.同年に局舎がジョンドン(貞洞)に移転してテレビ放送が始まりますが,主に1973年に始まった人気テレビ番組「장학퀴즈(奨学クイズ)」の司会者として名を馳せた方で,まさにMBCの生き証人と言えます.

 무릎팍도사・차인태編では,第二次大戦終戦後でまだ朝鮮半島の南北分断が確定的になる前の幼い頃,裕福に暮らしていたものの北の政治体制に見切りをつけて中朝国境付近の出身地から南側のキョンジュ(慶州)に家族全員で移り住んだこと,その後さらにソウルに移り,キョンジュでもソウルでも以前住んでいた地方の方言がしばらく抜けなかったという笑い話,幼い頃から医師を目指していて,大学は延世大の医学部を受けたもののうまく行かず,結局,欠員が出て2次募集をしていた延世大の声楽科に進み,大学で学内放送に携わるようになったことなど,차인태氏の生い立ちからアナウンサーになるまでの歩みと,MBCに入社後,장학퀴즈の裏話を含めたアナウンサーとして活躍した話や,무릎팍도사出演の数年前に癌が見つかり,一時入院して闘病生活を送っていたものの回復した話などを聞くことができます.

 강호동氏などレギュラー陣の話はもちろんですが,元アナウンサーだけあって차인태氏のトークも面白く,特に顔色を変えず真面目に笑い話をするようすには独特の面白さがあります.

 무릎팍도사の特に古い放送分は,数分ずつ細かく分かれてはいますがコーナー全体をユーチューブの MBCentertainment のチャンネルで見ることができます.차인태編は2011年6月22日と29日の2週に渡って放送されました.各回の最初の動画をご紹介しておきます.

The Guru Show, Cha In-tae(1), #01, 차인태(1) 20110622 (YouTube)


The Guru Show, Cha In-tae(2), #01, 차인태(2) 20110629 (YouTube)


 ちなみに,장학퀴즈は中断を経て,現在は局を変えてEBS교육방송(教育放送)のEBS1テレビで放送されています.同じ高校の生徒同士でペアを組み,毎回4校が競い合うクイズ番組です.こちらの過去の放送分もユーチューブの EBS Janghakquiz のチャンネルで公開されています.


#한국(韓国)
#방송(放送)
posted by kajiritate webmaster at 22:00| Comment(0) | 日記